農水省課長の死

17日午後3時5分ごろ、東京都新宿区百人町の自宅官舎で、農水省消費・安全局植物防疫課の都倉祥夫課長(48)が首をつって死亡しているのを、同僚の職員が見つけて通報した。室内から遺書のようなものが見つかり、警視庁新宿署は自殺したとみて調べている。

 調べによると、官舎のドアや窓には鍵が掛かっており、外部から侵入したような形跡はなかった。遺書などには個人的な理由で死ぬという趣旨の内容が書かれ、悩んでいた様子だったという。

 都倉課長は技術系キャリアで、8月1日に現職に就任。17日は欠勤したため、職員が訪問した。一人暮らしだった。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜

農水省課長が自殺 省改革チームの一員
 17日午後3時ごろ、東京都新宿区百人町の公務員住宅で、農林水産省植物防疫課長の都倉祥夫さん(48)が自室内で首をつっているのを同僚が見つけ、119番した。駆け付けた救急隊員が現場で死亡を確認した。都倉さんは事故米の不正流通問題を契機に、石破茂農相が若手課長クラスを中心に立ち上げた省改革チームの一員。室内に私的な悩みを記した遺書があり、警視庁新宿署は自殺とみている。

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2008-10-18 09:13
<< 「自殺ではない証拠ある」 三浦... 朋の時間〜母たちの季節〜 >>