恋闕の




おりのなか その恋闕のはててなお いきながらえるものこそおもえ 
[PR]
by akikonoda | 2009-04-29 22:03 | 短歌
<< 藤の花 凹的な >>