空をきる




いつだってすんどめのまま 空をきる 色はなくとも そこはかとなく 
[PR]
by akikonoda | 2009-07-02 23:00 | 短歌
<< 愛のある詩(うた)とは てさぐりの >>