甘えの構造

 「甘え」概念の提唱で広く影響を与えた精神分析医の土居健郎(どい・たけお)さんが、5日午後3時27分、老衰のため亡くなった。89歳だった。葬儀は身内だけで行い、お別れの会を後日開く予定。喪主は長男望(のぞむ)さん。

 東京大医学部卒。聖路加国際病院勤務後、50年に米国メニンガー精神医学校へ留学し、日米の人々の行動、心理の違いに着目する。帰国後は東京大教授、国際基督教大教授、国立精神衛生研究所長を歴任。71年に発表した「『甘え』の構造」は120万部を超えるベストセラーとなった。

 日本語特有の言葉である「甘え」をカギ概念に、日本人の精神構造を分析。「甘え」は社会学や文化人類学にも影響を与え、幼児期の母子構造を考えるうえで国際的な学術語になった。

 他の著書に「精神分析と精神病理」「精神療法と精神分析」など。

 ◇日本の知に貢献

 ▽精神科医で武蔵野大教授・小西聖子(たかこ)さんの話 「甘え」という日本独特の概念を、精神分析的な手法で解析したユニークな研究で、精神分析学が一般の人たちに広く知られるきっかけを作った。人文科学や社会科学など、日本の教養、知全体に大きな功績を残した方でした。

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜

「甘え」をキーワードに日本人の心性や行動様式を分析した精神医学者の土居健郎(どい・たけお)さんが5日午後、老衰のため、死去した。89歳だった。

 葬儀は親族のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男、望(のぞむ)さん。

 東京生まれ。東京帝大医学部卒。米メニンガー精神医学校に留学した後、聖路加国際病院の神経科医長、東大医学部教授、国際基督教大教授などを歴任した。1983年からは国立精神衛生研究所長。85年に退官し、聖路加国際病院顧問をつとめた。

 71年に刊行された「『甘え』の構造」は、集団主義や義理、人情といった日本人の心性や行動様式の特徴を分析したもので、日本人論ブームのきっかけとなった。部数は140万を超え、現在もロングセラーとして読み継がれている。「甘え」の理論は、精神医学にとどまらず、社会学や文化人類学などの領域にも広く示唆を与えた。海外でも読まれ、「甘え」は国際的にも使われた。

 他の著書に、日本人の建前と本音の問題に迫った「表と裏」などがある。


読売〜〜〜〜〜〜〜〜



色々と、「甘え」とは何かを考えさせられつつ、今迄来た気がしますが。

合掌。
[PR]
by akikonoda | 2009-07-06 09:56
<< くずすのはかんたん 突然の雨 >>