<   2010年 01月 ( 72 )   > この月の画像一覧

護国神社の道の向こう側

護国神社の道の向こう側
甲斐大策さんの個展のあるとあるカフェの二階へ出かけた
窓の温室効果の著しく
乾きながらもあたたかな空間
部屋の反対は小山の道のようなところを人が歩いていく
甲斐さんのペシャワール会の為に描かれたかれんだーの繪の中の
山に登っていくような空の色

文化は文明に喰われそうですね

という話をしながら

大きなあわせがいを見つける
内側には金色が塗られ
その上に又
何かを描こうとされていた
王朝文化というよりも
喰われた文化の踏みこめない繪

そこに来られていた
一分十円のドライバーの仕事を興味半分でされている
カメラマンの方はこれから百キロばかり先の場所に行くと言う
ここは日本ですよね
たぶん
[PR]
by akikonoda | 2010-01-31 21:45 | 記憶

ひざわれた

ひざわれたばあばのあるいているところみれてよかったまだまだいける
[PR]
by akikonoda | 2010-01-30 21:30 | 短歌

春の雪

月喰らい 夢のみちゆく 春の雪 穴の向こうの白き眠りよ
[PR]
by akikonoda | 2010-01-29 22:49 | 短歌

新型インフルエンザのワクチン接種

厚生労働省は29日、新型インフルエンザのワクチン接種を受けた新潟県の80歳代女性が約40分後に死亡し、主治医が因果関係について「関連あり」と報告したことを明らかにした。

 ワクチン接種後に死亡した例は、同日までに117件が同省に報告されているが、主治医が「関連性あり」としたのは初めて。厚労省は、専門家3〜4人に分析を依頼するほか、来月開く副作用検討会でも議論する。

 女性は高血圧と心臓弁の持病があり、昨年11月に季節性インフルエンザワクチンを接種した際に異状はなかった。今月26日にかかりつけの医療機関で新型インフルワクチンを接種。30分たっても副作用が見られなかったので帰宅したが、その約10分後に、路上に倒れているのが発見され、死亡が確認された。

 当時、外は雪が降っており、主治医は、暖房のきいた室内から急に寒い場所に出たことで「不整脈や肺塞栓(そくせん)が起きた可能性も否定できない」としているが、「ワクチンとの因果関係も同程度に可能性がある」と報告している。

読売〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2010-01-29 21:05 | 短歌

サリンジャー

米作家サリンジャー氏死去 「ライ麦畑」を若者支持
 【ニューヨーク共同】小説「ライ麦畑でつかまえて」で現代の若者の心情を鮮烈に描き、寡作のまま隠とん生活を送っていた米国の作家ジェローム・デービッド・サリンジャー氏が27日、老衰のため、米ニューハンプシャー州の自宅で死去した。91歳。

 1919年、ニューヨーク生まれ。大学で学びながら文章を書き始めた。


〜〜〜〜〜〜〜

合掌。
[PR]
by akikonoda | 2010-01-29 08:59 | 記憶

ざりざりと

ざりざりと砂の鳴き声あしざわり 校庭裏からこらとあそば
[PR]
by akikonoda | 2010-01-28 22:22 | 短歌

ふねんぶつの夜

迷彩服を着た男の人が雨の中 
途中でざくりと切れてしまった
電信柱のように
誰とも目を合わせずに立っていた

ふねんぶつの日の夜に
組織化されているという
ひみつの戦闘員のように
携帯で連絡を送っていた

 いま ひとふくろ 
 いや ふたふくろ
 空洞をつぶされたやつがやってくる
 もうしばらくまってから回収する 

でもね
駐車場まで入っては
不法侵入でつかまっちまうよ
つきにいちどの日といえども
[PR]
by akikonoda | 2010-01-27 23:56 |

小沢聴取

小沢氏の再聴取、見送りへ 特捜部、政治的影響も考慮

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる収支報告書虚偽記入事件で、東京地検特捜部は27日までに、小沢氏に対する2回目の事情聴取を見送る方針を固めたもようだ。

 特捜部は23日に約4時間半にわたり小沢氏を聴取。一定の説明を受けた上で「被疑者調書」2通を作成し、当初の目的は果たしたと判断した。

 聴取に再度踏み切った場合、政治的影響が一層大きくなることへの懸念も考慮したとみられる。

 ただ、元私設秘書の衆院議員石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=らの供述次第で、小沢氏の聴取を再度検討する可能性もある。

 小沢氏は聴取後の会見で「収支報告書の記載について全く把握していなかった。相談されたり、報告を受けたこともない」と事件への関与を否定。

 焦点となっている2004年の土地購入の際に陸山会に貸し付けた4億円について「事務所に保管していた個人の資金」とした上で「不正な裏金は一切受け取っていない」と、水谷建設(三重県桑名市)などゼネコンからの裏献金報道も全面否定していた。


47にゅーす〜〜〜〜〜〜〜〜

お金についてはそういう事に縁がないので、あまり言いたくないのだが、マネーロンダリング的な事で、貯めていくという事は、見かけ上は人の為と言いながらも、あってはならないと思われる。

だれも了解等していない。

一部の民主党よりのものが、なあなあにしていこうとしているだけである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、逮捕された衆院議員石川知裕容疑者(36)が、2004年分の政治資金収支報告書の提出前に、同会など関連政治団体の収支一覧表を作成し、小沢氏に内容を説明していたことが28日、同氏側関係者の話で分かった。

 小沢氏は同年、計8億円を陸山会に貸し付けたとされるが、同会の収入欄の記載額は約5億8000万円。貸付金の一部の記載がないことに、小沢氏が気付くことができた可能性がある。

 関係者によると、石川容疑者は陸山会事務担当者だった01年から05年にかけて、報告書提出前に、陸山会など小沢氏の関連政治団体の収支をまとめた一覧表を作成。この資料を基に、各団体の収支や繰越金の概要を小沢氏に説明していた。

 事件となった04年分の報告書に記載された繰越金を除く収入額は約5億8000万円。一方、小沢氏は同年10月、土地購入代として4億円を同会に貸し付けたと主張。また、購入直後に銀行から融資を受けた4億円も陸山会に貸し付けており、同年の貸付総額は計8億円だった。収入総額を聞かされれば、貸付金の全額が反映されていないことが分かる状況だった。 

時事〜〜〜〜〜〜

小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、新たに04〜05年、同会の銀行口座で計約9億円が出し入れされ、政治資金収支報告書に記載されていないことが分かった。この資金移動は05年3〜5月の4億円とともに、小沢氏が実質的に運営する政治団体「改革フォーラム21」との間でやりとりされたとみられる。東京地検特捜部は23日の小沢氏への事情聴取で、この計約13億円の件をただし、「知らない」と答えた小沢氏の供述を調書にとった模様だ。

 関係者によると、04年12月から陸山会の口座に計約9億円が改革フォーラム21側から順次入金され、05年5月に全額まとめて返金された。

 また、陸山会では05年3月に4億円の入金があり、2カ月後の同年5月に出金され、いずれも収支報告書に記載されていないことが判明しているが、この4億円もフォーラムとの間での資金移動だったという。

 一方、フォーラムの口座には、この資金移動に先立つ04年10月、約15億円が現金で入金され、やはり記載されていないことが分かった。

 この2年前の02年、当時小沢氏が党首だった自由党から、同党幹事長だった藤井裕久前財務相に15億円余の政党交付金が「組織対策費」として支出され、使途が分からないままになっているが、この資金が入金された可能性があるという。

 フォーラムと陸山会の間での資金移動の理由は不明だが、04年11月に紙幣のデザインが変更され、1万円札には角度を変えると画像の色や模様が変化して見えるホログラムが偽造防止用に採用されており、現金で保管していた旧札を新札に切り替えるためだった可能性があるという。

 当時、フォーラムの会計責任者は小沢氏の「金庫番」と言われた側近(故人)で、資金移動はこの側近が主導したとみられる。05年3月の陸山会口座への入金は、当時事務担当者で小沢氏の私設秘書だった民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=が担当していた。石川議員は容疑となっている04年の土地購入時と同様に、数千万円ずつに分けて入金したという。

 フォーラムは小沢氏が自民党に所属していた93年の設立。小沢氏関係の政治団体「改革国民会議」や「小沢一郎政治塾」とともに、東京都千代田区にある小沢氏の個人事務所に入居している。

 小沢氏が率いた新生党の解党時、国から支給された「立法事務費」を含む9億円余が同党からフォーラムに移されていたことも判明している。

毎日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

野田佳彦財務副大臣は29日、元秘書らが政治資金規正法違反容疑で逮捕された小沢一郎民主党幹事長の進退について「参院選で安定政権になることが一番の大命題。何かの事実があったときには、その大命題に沿った判断をすることだ」と述べた。元秘書らの起訴など事件が進展し、夏の参院選への影響が避けられないと判断した場合、辞任を検討すべきだとの考えを示した発言だ。TBSテレビの番組収録で語った。

 小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取を受けて以降、政府・民主党の有力議員で同氏の進退に言及したのは野田氏が初めて。

 野田氏は、鳩山内閣や民主党に対する世論の反応について「厳しい局面だ。内閣支持率で支持と不支持が逆転しただけでなく、支持政党なしの(無党派層の)ところで(政党支持率が)自民党に逆転されるところも出ている。相当重く受け止めないといけない」と危機感を示した。

 ただ、野田氏は「今は起訴があるのかないのか、真実はどうなのかを見定めないといけない。白か黒かが見えない中で先走って物を言うのはよくない」とも指摘。小沢氏に対して「(辞めて)責任を取る話の前に(今は説明)責任を果たす段階だ。その責めをしっかり果たしてもらいたい」と、説明を尽くすよう求めた。 

時事〜〜〜〜〜〜〜〜

小沢氏進退に発言相次ぐ 民主党内「けじめ」「自浄を」

2010年1月31日19時55分
印刷

 民主党の小沢一郎幹事長をめぐる土地取引事件に関連し、同氏と距離を置く閣僚や同党議員から31日、進退に言及する発言が相次いだ。

 枝野幸男元政調会長はさいたま市での自らの新年会で「国民の理解が得られなければ、私たちが目指す政治を実行するためにけじめをつけて頂かないといけない」と述べた。国民の理解を得られない場合は小沢氏が幹事長を辞任すべきだ、との考えを示したものだ。

 前原誠司国交相は党京都府連大会で「新たな局面が生まれたときは、我々は厳しく自浄努力を発揮していかなければならない」と発言。捜査の進展次第で小沢氏の進退問題に発展するとの見方を示した。野田佳彦財務副大臣はNHKの番組で「参院選で勝利をして安定政権を作るためにどういう判断をするか、その都度考えていく」と述べ、参院選への影響や世論の動向が進退の判断材料になることを指摘した。

 一方、小沢氏に近い石井一選対委員長は佐賀県で記者会見し、「1年前に時効直前の西松事件が起き、これまた時効直前にこういう形で起こる」と述べ、東京地検の捜査のあり方に疑問を示した。

朝日〜〜〜〜〜〜

民主党・枝野元政調会長は31日、さいたま市で開かれた会合で「政治とカネ」をめぐる民主党・小沢幹事長の責任について、世論の納得が得られなければ幹事長職を辞任すべきとの考えを初めて示した。
 枝野氏は「少なくとも刑事事件としての一定の区切りがついたところで、最低限しっかり説明していただかなくてはならない。一定の国民の理解、納得を得られなければ、これから私たちの目指す政治を実行しようと思うならば、一定のけじめをつけていただかないと」と述べた。さらに、「一方的な説明は説明ではない。質疑をきっちり受けて初めて説明である」と、記者会見では質疑応答にしっかり応じるよう求めた。
 党内のベテラン議員から小沢幹事長の進退問題を問う声が出たのは初めて。

日テレ〜〜〜〜〜〜〜
小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件では、政治資金収支報告書の記載とは異なる同会の資金移動の実態が次々に明らかになっている。

 その総額は2004〜07年で約27億6400万円。虚偽の記載については、収支報告書を訂正するのが望ましいが、同会の場合、訂正は複数年にまたがるほか、同会と資金をやりとりした関連政治団体の報告書も直さなければならず、容易ではないのが実情だ。

 ◆04年◆

 同会は04年10月、今回の事件の発端となった東京都世田谷区深沢の土地を購入。同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員(36)はその際、小沢氏が用意した現金4億円を同会の口座に入金するなどし、土地代金など約3億5200万円の支払いに充てたが、4億円の収入も土地代金などの支出も同会の04年分の収支報告書に記載しなかった。

 石川容疑者は同月、「小沢一郎政経研究会」など小沢氏の三つの関連政治団体から計約1億8000万円を陸山会の口座に入金したが、この資金のやりとりは、同会の報告書にも、三つの関連政治団体の報告書にも記載がなかった。

 ◆05年と07年◆

 石川容疑者の後任の事務担当者だった池田光智容疑者(32)は、土地を05年1月7日に購入したことにして、05年分の収支報告書に土地代金など約3億5200万円の支出を計上。また、実際には寄付を受けていないのに、「小沢一郎政経研究会」など二つの関連政治団体から同月5日に計2億8000万円の寄付を受けたと報告書に記載した。池田容疑者は、収支の帳尻を合わせるためだったことを、東京地検特捜部に認めている。

 同年3〜4月には、石川容疑者らが、土地代金に充てた4億円とは別の4億円を陸山会の口座に入金し、5月に全額を引き出した。また、07年5月頃、同会から4億円が出金され、池田容疑者は、土地代金に充てた4億円の返済として小沢氏に渡した、と供述している。これらもすべて、収支報告書に記載されていない。

 ◆訂正は?◆

 この結果、同会の収支報告書に記載のない出入金は、04年が計約9億3200万円、05年が計8億円、07年が4億円。資金の移動がないのに収入や支出として報告書に記載があったのは、05年の計約6億3200万円で、総額は約27億6400万円に達する。

 総務省は「収支報告書は事実をありのままに記載するもの」としており、同会のような総務省届け出の政治団体が訂正する場合は、同省に届け出る。

 もし、同会が04年分を訂正すると、翌年以降の収入総額などの整合性がとれなくなるほか、関連政治団体の報告書も訂正が必要になってくる。

 また、07年分の同会の収支報告書に書かれた収入総額は約1億8200万円で、同会が訂正で07年の4億円の支出を記載すると、収支がマイナスになってしまう。

 一連の報告書の虚偽記入について、小沢氏はこれまで「単純なミス」との発言を繰り返してきたが、簡単な訂正では済まない可能性が高まっている。

読売〜〜〜〜〜〜〜

民主党・小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、土地購入分とは別の、05年の4億円の金の出入りについて、小沢氏は東京地検特捜部の調べに対し、「わからない」と供述していたことがわかった。
 04年の土地購入分の4億円とは別に、05年3月に陸山会に4億円が入金され、2か月後に引き出されたにもかかわらず、政治資金収支報告書に記載されていないことが、これまでにわかっている。関係者によると、この4億円について小沢氏は特捜部に対し、「わからない」と供述している。
 元秘書の衆議院議員・石川知裕容疑者は「小沢氏からの依頼で4億円を預かり、その後、返却した」と説明していた。しかし、特捜部に対し、「詳しいことは覚えていない」と供述している。また、この4億円は、入金2か月後の05年5月2日、小沢氏側の依頼で銀行の担当者が全額を引き出していた。
 特捜部は、05年の4億円の出所についても詳しく調べている。

日テレ〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2010-01-27 23:31 | 記憶

肩のなる

すぶりした次の日いたみ肩のなる ほぐしほぐして もとよりやわし
[PR]
by akikonoda | 2010-01-27 22:43 | 短歌

運動を

運動をはじめて良いと先生の眼鏡のひかり反射する朝
[PR]
by akikonoda | 2010-01-27 22:02 | 短歌