<   2010年 02月 ( 75 )   > この月の画像一覧

父はまだ

父はまだ迷惑なので還らんというとる方が迷惑なのだ
[PR]
by akikonoda | 2010-02-28 21:29 | 短歌

腹の中

腹の中浮かぶわが子が湯船にて笑い浮かべし やっつの明日
[PR]
by akikonoda | 2010-02-28 21:21 | 短歌

すこしずつ

すこしずつ世の中の事見え始めもうすぐうまれて8年となり
[PR]
by akikonoda | 2010-02-28 20:06 | 短歌

母子草

母子草つむこともなくゆれながら地にはえわたる水と陽の歌
[PR]
by akikonoda | 2010-02-27 21:12 | 短歌

献花の意味

パレスチナ:アッバス議長が広島初訪問、原爆慰霊碑に献花


平和記念公園の原爆慰霊碑に献花するパレスチナ自治政府のアッバス議長(中央)。左端は秋葉忠利・広島市長=広島市中区で2010年2月7日午後1時29分、大西岳彦撮影
 パレスチナ自治政府のアッバス議長が7日来日し、広島市中区の原爆慰霊碑に献花するとともに、原爆資料館を見学し、「我々が訴えるのは世界が平和であるべき、安定であること。核兵器、大量破壊兵器がないことが重要」などとアラビア語で記帳した。パレスチナの現役閣僚級以上の広島訪問は初めて。

 アッバス議長は、同館の展示を見て回った後、「世界各国は大量破壊兵器の核兵器を廃絶すべきだ。パレスチナ国民はこれまで戦争に大変苦しんできた」と話したほか、記者からオバマ米大統領が核兵器廃絶を唱えていることについて問われると、「我々も同じ考えだ」と述べた。

 また、アッバス議長は、原爆慰霊碑訪問に先立ち、降り立った広島空港(広島県三原市)近くのホテルで湯崎英彦知事と約10分間会談した。

 広島訪問を重視していたといい、アッバス議長は「訪日を広島から始められ、光栄に思う。世界で初めて原爆投下の惨禍を経験した広島の復興への努力に敬意を表したい」と述べたうえで、「全世界のリーダーは広島で学び、世界平和に関する会議も開催されるべきだ」と話した。

 アッバス議長は10日まで日本に滞在予定。8日に鳩山由紀夫首相と会談し、パレスチナ自治区への経済支援と和平への日本政府の関与を協議する。【井上梢、豊田将志】


毎日〜〜〜〜〜〜〜〜〜

長崎を訪れたイランの国会議長が、アメリカの原爆投下を批判しました。

 「原爆資料館はアメリカの非人道的な犯罪を永遠に伝える」(イラン・ラリジャニ国会議長)

 イランのラリジャニ国会議長は、イランの核兵器開発疑惑が強まる中、被爆地長崎を訪問。原爆中心碑に献花しました。

 ラリジャニ議長はこの後、原爆資料館を見学し、アメリカの原爆投下を厳しく批判。イランの核開発への圧力を強めるアメリカをけん制しました。その上で、イランは核は保有しないと語りました。(27日17:44)

TBSにゅーす〜〜〜〜〜〜〜〜


パレスチナのアッバス議長は広島へ、イランのラリジャニ氏は長崎へ。


ビックブラザーは原子の高炉の夢を見る。
[PR]
by akikonoda | 2010-02-27 19:59

聞こえのいい「地域主権改革」の裏には

政府は25日、鳩山政権が掲げる「地域主権改革」の法的定義の原案をまとめた。

 当初は「地域主権」という言葉について定義づけを行う方針だったが、「日本が連邦制国家でないことを明確にする必要がある」として見送った。

 原案では「地域主権改革」を、「憲法の理念の下に、住民に身近な行政は、地方公共団体が自主的かつ総合的に広く担うようにするとともに、地域住民が自らの判断と責任において地域の諸課題に取り組むことができるようにするための改革」と定義した。

 憲法の国民主権原則に配慮しつつ、地方行政では団体自治と住民自治がいずれも重要だとの認識を示したものだ。

 政府は3月3日の地域主権戦略会議(議長・鳩山首相)に関連法の改正案を提示し、今国会に提出する方針だ。


〜〜〜〜〜〜

「地方」における「外国人参政権」とともに、この地域分散型に国の形を持っていこうとする姿勢も気になるところであった。

当然、「国(政)」ではなく、「地域」(=「地方」と言わないところが味噌である)の発言権で大きく変化するという事であり、その上、地域「特区」をもうける事で、あらゆる法の網を抜けようとする動き、例えば、其処に住んでいる人たちを追い払い、経済優先の「ギャンブル」等へのあらゆる優遇措置等を盛り込もうとする動きや、外国の人に優遇的な特区等(所謂Aサイン的治外法権のまかり通る)も出来るしたら、大きな問題でもあるので、今後もこの動きには注目していく必要があると思われる。
[PR]
by akikonoda | 2010-02-26 23:37 | 記憶

高校授業料無償化について

民主党が昨年の衆院選政権公約(マニフェスト)の目玉とした高校授業料を無償化するための法案が25日の衆院本会議で審議入りした。

 政府は年度内成立を目指しているが、野党は私立高が完全無償化されない点などを問題視している。

 法案は4月から、〈1〉公立高校を運営する自治体に授業料相当額を交付し授業料を無償とする〈2〉私立高は、公立高の授業料相当の就学支援金(年11万8800円)を支給する——内容だ。自民党の審議復帰後に開かれた本会議では、元高校教師で同党の馳浩氏が「やむを得ず私立に通うことになった場合の負担は重い」と、公立との格差を指摘した。

 全国私立学校教職員組合連合によると、私立の1年間の授業料の平均は約35万円。法案は年収350万円未満の世帯の生徒がいる場合、就学支援金を最大2倍まで増額することで一定の配慮を示しているが、それでは不十分というわけだ。

 政府は当初、年収500万円未満の世帯の生徒を増額対象とする方針だったが財政難で圧縮された経緯があり、川端文部科学相は「低所得世帯に手厚い支援を行っている」と釈明に追われた。

 自民党などは今後、私立に子どもを通わせる低所得世帯への支援拡充を求める構えだ。2010年度の無償化関連予算は3933億円に上っており、馳氏は「所得制限」を導入し、高額所得世帯を対象外とすることで財源確保するよう訴えた。

 朝鮮学校の扱いも論点となりそうだ。法案は外国人学校なども無償化の対象としているが、拉致問題担当の中井国家公安委員長は朝鮮学校を含めることに難色を示した。

 鳩山首相も25日、国会内で記者団に「朝鮮学校の指導内容が必ずしも見えない中、中井氏の考えはひとつある。そのような方向性になりそうだと伺っている」と述べた。ただ、首相周辺は同日夜、「首相発言は踏み込み過ぎだ。あくまで文科相が運用面で判断する問題で、今の段階で方向性を出しているわけではない」と軌道修正した。

読売〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


朝鮮学校の人たちの無償化・無料化の影で、現実的に将来起こりうる事を想像してみるならば、介護現場等でよく言われる外国人就労を全面的に受け入れたりする場合等イスラム教系学校が乱立したりする事も当然考えられる。

現に、福岡ではイスラム寺院が建設されるなどしているが、将来的にそこを拠点としてイスラム系学校も出来てくる事も予想できる。
当然、「イスラム教徒」しか入れないので、そこはある意味、「治外法権」的な場所となる。


現存の、英語による教育を行うインターナショナルスクール等でも、お金持ちの日本人や韓国や欧米の人が多く通うという事も聞いた事があるが、「キリスト教徒」しか入れないと言う決まりが福岡の方ではあったりするということで、かなり、限定されている、セレブなもの、ぷらす「キリスト教徒」以外排除の鉄則というものを思わずにおれない。


宗教とはつまるところ、「治外法権」区域であると言っても過言ではない。

それも、それを信じていない日本人には、入る事が許されない場所だと言う事を考えた方がいい。

宗教でなくとも、思想的にも、朝鮮学校の人にも疑問を持つのだが、逆に日本を排除されている気がするのは、自分だけであろうか。



実際、そこここで何が行われているのかを、文部科学省等ははっきりと把握しているのかも疑問なのであるが、外国の方々を受け入れるという事と学校教育というものは密接に関わっており、なし崩し的に何でも受け入れるという事は、危険を伴いすぎると、自分は強く思っている。

そもそも「誰でも」うけられ、「誰に対しても」開かれている教育という原理原則を外れていると言う時点で、自分たちの主義・主張・思想の権利だけを主張する「無償化」というものは、成り立たないとも、正直、思っている。


〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

高校の授業料無償化の対象から朝鮮高校を外すべきという意見が閣僚から出ていることについて、生徒の保護者らが25日、抗議する会見を開いた。
 保護者・孔連順さん「朝鮮学校の生徒たちに、またしても政治的な影響が及ぶのか。保護者として、とても残念でなりません」
 また、朝鮮学校の関係者も「カリキュラムは日本の学校と変わらず、部活などを通じて交流もはかっている」と述べ、無償化の対象とするよう引き続き働きかけていくという。
 高校の授業料無償化については、中井国家公安・拉致相が法案で支給の対象としている「外国人学校」から朝鮮高校を外すべきだと主張している。

日テレ〜〜〜


大阪府の橋下徹知事は2日、高校無償化制度で朝鮮学校の生徒を除外すべきだとの意見が政府内で出ている問題で、府議会本会議終了後に府庁内で報道陣に「拉致問題を切り離して考えることはできない」と指摘し、「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)と朝鮮学校の関係を確認して、府民が納得できないような関係があるのなら支援すべきでない」と述べた。

 橋下知事は、国が制度の対象とした場合でも、併せて実施する府独自の助成対象から朝鮮学校の除外を検討する考えも示した。鳩山由紀夫首相は除外理由として「指導内容がみえない」などと主にカリキュラムの問題を挙げていたが、知事は朝鮮総連との関係にまで踏み込んだ。

 国会で審議中の高校無償化法案は、4月から公立高校生の授業料を無料にし、私立高校生には世帯の収入に応じて年約12万〜約24万円を助成する。文部科学省は各種学校にあたる朝鮮学校も支援対象に想定し、予算を組んでいる。

 大阪府私学・大学課によると、大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)の授業料は年約44万円。府の2010年度当初予算案では、同校の生徒に対しても年収350万円未満の世帯なら年約20万円を府独自に上乗せして支給し、実質無償化する。また、年収500万円未満の世帯も助成する方針で予算を計上している。橋下知事の発言は、この方針の見直しを示唆するものだ。

 橋下知事は2日、「朝鮮総連と朝鮮学校との関係を詳細に調べて報告してほしいと担当部局に指示した。カリキュラムの中身が指導要領に従っていたとしても、両者の関係が府民からみて分かりにくいのであれば支援の対象外とすべきだ」と話した。その上で、支援の条件を「総連や学校側が拉致問題を一緒になって解決していきましょうと表明できるかどうか」とし、「朝鮮学校に通っている高校生を泣かしたくないのであれば、総連はしかるべき対応を取るべきだ」と述べた。

 文部科学省高校無償化準備室の佐藤光次郎室長は「国の助成分を地方の判断で不支給にすることはできないが、大阪府が独自に上乗せする部分は、高校無償化の法律にはしばられない」と話した。

朝日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2010-02-26 18:41 | 記憶

ひっそりと

ひっそりといってしもうた いかされた 一門二門三門の鐘
[PR]
by akikonoda | 2010-02-26 17:56 | 記憶

二所ノ関部屋マネジャー

首つり死:二所ノ関部屋マネジャー、自殺か 大阪・茨木

 26日午前10時5分ごろ、大阪府茨木市別院町3、東本願寺茨木別院境内のプレハブ小屋で男性が首をつっていると110番通報があった。府警茨木署によると、男性は大相撲二所ノ関部屋のマネジャー(51)で、既に死亡していた。自殺とみて調べている。

 同署などによると、二所ノ関部屋は3月14日から始まる大相撲春場所のため、プレハブ小屋を借りてけいこ場にしており、マネジャーは22日から泊まり込んでいた。小屋の中の鉄製のはりにひもを掛けて首をつっていた。遺書はなかった。力士の一人は「朝に見かけた時は変わった様子はなかった」と話した。

 マネジャーは元力士で93年春場所で引退した。

 二所ノ関部屋が属する二所ノ関一門は、1日の日本相撲協会理事選挙に貴乃花親方が立候補の意思を示したことに関し、支持する6親方に対する破門騒動が起きた。


〜〜〜〜〜〜





日本相撲協会の理事選(2月1日、力士出身理事の定員10人)に立候補を表明し、二所ノ関一門を離脱した貴乃花親方(元横綱)を支持する6親方が、一門を事実上破門されたことを受け、武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)は20日の取組後、「あってはいけないこと。一門内で話し合って(理事に)ふさわしければ、誰かが推薦してくれるはずだ」と貴乃花グループに苦言を呈した。

 一門の放駒親方(元大関魁傑)らからこの日、報告を受けた。「一門の意味が薄れてきているのではないか」との質問には「先輩が作ってきたもの。伝統を何でも変えるべきではない」と述べた。

 理事長は出羽海一門の所属。二所一門の騒動については「話すべき立場にない」などと、発言を控えていた。

朝日〜〜〜〜〜〜〜〜〜


大相撲の二所ノ関一門は19日、東京都内で会合を開き、日本相撲協会の理事選(2月1日、力士出身理事の定員10人)に一門を離脱して出馬予定の貴乃花親方(元横綱)を支持する6親方に退席を求め、事実上の破門とした。これを受け、同一門は理事選への擁立を3人から現職の放駒(元大関魁傑)、二所ノ関(元関脇金剛)両親方に絞り込んだ。新たに立候補予定だった鳴戸親方(元横綱隆の里)は辞退した。ほかの一門を合わせた全立候補予定者は11人で、理事選では4期ぶりの投票となることが確実な情勢となった。

出席者によると、会合に参加したのは27親方。貴乃花親方と、力士代表で理事選の投票権のある大関琴光喜は出席しなかった。多数決を採った結果、「(6親方は)退席すべきだ」が多数を占めたという。退席した間垣親方は報道陣に「破門という言葉は出なかったが、そんな形だ」と話し、事実上の破門と受け止めた。

貴乃花親方を支持する理由について、阿武松親方は「相撲に対する一途な思いに共鳴した」と話した。大嶽親方は「(義父の)納谷幸喜氏(元横綱大鵬)も支持している」と述べた。6親方は理事選で貴乃花親方に投票する意向だが、選挙後に新たな一門を作るかについては不明とした。

貴乃花親方に同調した6親方は以下の通り(★は部屋持ち)。常盤山(元小結隆三杉)、音羽山(元大関貴ノ浪)、★間垣(元2代目横綱若乃花)、★阿武松(元関脇益荒雄)、★大嶽(元関脇貴闘力)、二子山(元十両大竜)

■二所一門 32人目の横綱玉錦が事実上の開祖。角界の本流・出羽一門が「分家独立を許さず」を長年の不文律にしていたのとは対照的に、分家独立が盛ん。48人目の横綱大鵬を生んだ二所ノ関部屋が本家で、佐渡ケ嶽部屋や尾車部屋などとともに「両国系」と呼ばれるが、45人目の初代横綱若乃花が育った旧花籠部屋を本家とする旧二子山部屋など「阿佐谷系」も勢力を持っている。一門の重鎮ともいうべき存在だった初代横綱若乃花や大鵬親方が定年退職した後は一門内での統率がとれておらず、内部でいくつかの分派が目立っていた。前回の役員改選では両国系が2(二所ノ関、間垣)、阿佐谷系が1(放駒)。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ウィキより

1909年(明治40年)1月に二枚鑑札で5代二所ノ関を襲名した関脇・2代海山太郎は、1911年(明治41年)1月場所限りで引退して友綱部屋(前1・初代海山太郎)に預けてあった内弟子を連れて二所ノ関部屋を創設した。なかなか弟子に恵まれなかったが、苦労して玉錦を大関に育てあげた。しかし玉錦が1932年(昭和7年)10月に第32代横綱に昇進する直前の1931年(昭和6年)6月に胃癌で死去し、弟子は粂川部屋(前1・2代鬼竜山)に預けられた。

1935年(昭和10年)1月に横綱・玉錦の二枚鑑札が許可され、6代二所ノ関を襲名して現在の二所ノ関部屋の中興の祖ともいうべき基礎を築いた。当時の二所ノ関部屋は弱小で稽古場さえなかったが猛稽古により一代で部屋を大きくし、先代弟子から関脇・玉ノ海、幕内・海光山などの関取を育てた。しかし勧進元を務め、これからという1938年(昭和13年)12月に虫垂炎を悪化させ腹膜炎となり34歳の若さで死去した。

6代二所ノ関(玉錦)が現役死すると、関脇・玉ノ海が1939年(昭和14年)1月に26歳の若さで二枚鑑札・7代二所ノ関を襲名して二所ノ関部屋を継承した。戦争中は食糧確保のために部屋単独で勤労奉仕を行ったが、このことにより戦犯容疑で逮捕された。そのときの日本相撲協会の冷遇に嫌気をさして、玉ノ海は弟弟子の大関・佐賀ノ花に二所ノ関部屋を譲って、1951年(昭和26年)5月に38歳の若さで廃業した。7代二所ノ関は、先代弟子から関脇・神風、幕内・大ノ海、十勝岩、直弟子から関脇・力道山などの関取を育てた。

1951年(昭和26年)9月に二枚鑑札で8代二所ノ関を襲名した大関・佐賀ノ花は、翌1952年(昭和27年)1月に年寄専務となり二所ノ関部屋の経営に専念した。7代二所ノ関の「分家独立を推奨する」という方針のもと、大ノ海(花籠部屋を創設)、琴錦(佐渡ヶ嶽部屋を創設)、玉乃海(片男波部屋を創設)らは分家独立を目指して二所ノ関部屋に自分たちの内弟子を抱えていたが、実際の分家独立にあたっては様々なトラブルが相次いだ。8代二所ノ関は、横綱・大鵬、大関・大麒麟などを育て、二所ノ関一門の総帥となるまでに部屋を大きくしたが、1975年(昭和50年)3月に急性白血病で死去した。

9代二所ノ関は、8代二所ノ関のお通夜の晩に後継の名乗りを上げた大鵬親方が一代年寄を返上して継承するか、部屋付き親方の押尾川親方(大麒麟)が後継と見られていた。正式に後継者が決まるまで、6代二所ノ関(玉錦)の弟子で二所ノ関一門の最長老であった湊川親方(十勝岩)が暫定的に9代二所ノ関を引き継いだが、その期間は実に1年4カ月にも及んだ。

相続争いに嫌気がさした大鵬は後継レースから降り、大おかみ(8代二所ノ関未亡人)が大麒麟の後継を拒否して混乱は長期間に及んだ。結局、元関脇・金剛が8代二所ノ関の次女と婚約して娘婿になることで10代二所ノ関に決まり、1976年(昭和51年)9月場所限りで27歳の若さで引退して部屋を継承した。現在まで部屋の運営にあたっている10代二所ノ関は、小結・大善以外に関取を出せておらず、平成時代に入って以降は急速に部屋の勢力が衰えている。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

真宗大谷派(しんしゅうおおたには)は、浄土真宗の宗派の1つで、宗教法人法による包括宗教法人である。

京都府京都市下京区烏丸通七条にある「真宗本廟」(通称、東本願寺)を本山とし、事務所を「真宗大谷派宗務所」と称し、同地に置く。

別院、教会を含む所属寺院数は、約8,900寺[1]。「大谷派」・「大派」・「谷派」と略称される。

浄土真宗系の教団で結成する「真宗教団連合」に加盟し、加盟団体と相互の連絡・提携を取る。また同連合の事務総局は、真宗大谷派宗務所内にある(2009年現在)。

宗派名は、「浄土真宗本願寺派」(通称、西本願寺)との区別の便宜上、通称「お東さん」・「お東」と呼ばれる。同様に、本山の通称[2]である「東本願寺」を宗派名の意で用いる場合もある。

なお、東京都台東区の「浄土真宗東本願寺派 本山 東本願寺」を本山とする「浄土真宗東本願寺派」は、宗派の維持・運営をめぐる見解の相違により、1981年に真宗大谷派から離脱・独立した宗派で、両者は別の宗教法人である。(⇒お東騒動)

宗教法人としての規則は、『宗教法人「真宗大谷派」規則 』である。同規則第3条に、真宗大谷派の最高規定は『真宗大谷派宗憲』(以下、『宗憲』)としている。また『宗憲』第5条において、『宗憲』を最高規範と定めている。本ページは、『宗憲』に定められている事項を中心に要約・引用し、記述する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


何か、おかしい気がしているのは、自分だけであろうか。

合掌。
[PR]
by akikonoda | 2010-02-26 17:02 | 記憶

梅の花

梅の花まつりゆかしき春通り 風に揺られし鈴の音やまず 
[PR]
by akikonoda | 2010-02-25 23:02 | 短歌