<   2010年 06月 ( 92 )   > この月の画像一覧

砕かれし

砕かれしものはいしとはおもわずも 鏡の中の偶像をうて
[PR]
by akikonoda | 2010-06-30 22:09 | 短歌

朝読

雨上がり 朝読の日にくりだした冒険のような流れ小島に 
[PR]
by akikonoda | 2010-06-30 14:17 | 短歌

山笠

山笠の去年も着ていた水法被 せがれ腰には締め込みさして 
[PR]
by akikonoda | 2010-06-29 22:52 | 短歌

生活保護の問題

 大阪市は29日、同市西区在住の78歳と76歳の日本人女性2人の親族を名乗る中国人計48人が5月以降、次々に来日し、市に生活保護を申請していたことを明らかにした。

 うち32人はすでに受給を認めているが、市は「短期間での大量申請は不自然」として残りの対応を保留し、大阪府警、法務省とも連携して実態調査に乗り出す。

 市によると、女性2人は中国から帰化したといい、48人は子どもから高齢者まで、いずれも2人の介護を目的として入国した。5月6日〜6月15日に在留資格を取得。外国人登録後3日〜26日以内に西、港、大正、浪速、東淀川の5区に「仕事がなく、収入がない」として保護申請した。いずれも市内の同じ不動産業者が付き添っていたという。

 在留資格があり、要保護状態にあれば、生活保護制度を準用できるとの国の通達があり、市は「要保護状態にある」と判断して32人について保護費の支給を決定。現在は17世帯に分かれて市内に住んでいる。

 しかし、特定女性の親族を称しての中国人の大量申請には不審点も多く、市は「元々、生活保護の受給を目的に入国した疑いがある」として、6月7日以降の決定は保留。不正請求と断定された場合、32人の保護の取り消しを検討する。


〜〜〜〜〜〜〜〜


 こういった事態も予想していたが、現実味を帯びて来たので、早急な対策が必要であると思われる。


 これは、中国が日本に自国民の生活保障を丸投げしているだけの問題であり、韓国、北朝鮮や諸外国にも言えることであろうが、自分の国のことは自分で解決するのが妥当であると思われる。

 都合がいいときだけ、日本に金銭的な面で、押し付けるような風潮はどうかと思われる。

 
 G8、G20等で尻に火がついているのは、どこの国も似たり寄ったりであるというのに、うその経済成長や取り決めを平然とする集まりで、誰もその見せかけの催しを信用していないという、滑稽さもさることながら、その嘘の中にあったとしても、日本が矢面に立たされ除外されるような場合にあっても、助け舟を出すどころか、知らん顔であるならば、尚更である。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国残留孤児だった日本人の親族として5〜6月に来日した中国人48人が、入国直後に大阪市に生活保護を申請していた問題で、市が、入国後の扶養者である身元引受人を調査しないまま、うち32人の受給開始を決定していたことが30日、わかった。

 入国審査の際には、日本国籍を持つ人との親族証明や、入国後の生活を支える身元引受人の資産がわかる納税証明などの提出が求められている。市によると、48人はいずれも親族関係にない人物を身元引受人としていたが、入国後、「身元引受人が扶養してくれない」と訴え、保護を申請した。

 在留資格があり、要保護状態であれば、生活保護法を日本人に準じて用いるとの国の通達があるため、市は「保護せざるを得ない」と判断。32人の窮迫ぶりが急を要する状況だったため、入管への身元引受人の照会をしないまま、受給を認めたという。

 市の担当者は「身元引受人について十分調査してから決定してもよかった」と不備は認めたが、「本当に身元引受人に扶養する気があったのか。在留資格の認定時に厳しく審査すべきだった」と入国管理局側の対応にも疑問を呈した。

 これに対し、大阪入国管理局は「身元引受人の収入状況や意思などは当然確認している」と反論。「身元引受人の照会もなく、安易に保護決定する方がおかしな話だ」と入国審査の妥当性を強調している。

読売〜〜〜〜〜
 
[PR]
by akikonoda | 2010-06-29 16:04 | 記憶

無駄なわくちん

輸入ワクチン853億円「無駄」に=ノバルティス社製も一部解約−新型インフル用
 厚生労働省は28日、ノバルティス社(スイス)と輸入契約を結んだ新型インフルエンザ用ワクチン2500万回分のうち、未納入の約838万回分(約107億円)を解約することで同社と合意した。ただし既に製品化されているため、違約金約92億円を同社に支払う。
 使われる見込みがなく、余剰となった輸入ワクチンへの支出額は、英グラクソ・スミスクライン社(GSK)製と合わせ約853億円となる。
 ノバルティス社製ワクチンは、約1660万回分(約214億円)が納入済みだが、実際に使われたのは2465回分。すべて30日までに使用期限を迎えるため、同省は廃棄を決める一方、未納入の分について解約交渉を進めていた。
 輸入ワクチンをめぐっては、GSKとも交渉したが、5032万回分(約547億円)は解約できなかった。
 同社製ワクチンもほとんど使用されておらず、今後需要が増す見込みも少ないとみられることから、両社に支払った計約853億円は結果的に「無駄」になる。(2010/06/28-20:40)
[PR]
by akikonoda | 2010-06-28 21:19 | 記憶

ふたつの命

前を走っている

タクシーの後ろの窓にはりついていた言葉は

降りしきる雨を弾いていた

いましがた聞いた

ふたつの命の終わりの歴史性と外在性を想起させた


”ふたつの命を引き受ける覚悟はあるか”


どすどすと胸元に突きつけられた実弾のような

掘り返された土の穴からぶすぶすと煙を上げている焼夷弾のような

今もなお ひとりで本土決戦を果たしているであろう魂が

旗を翻しながらこっちを見ているような
 
[PR]
by akikonoda | 2010-06-28 20:50 |

まぎれもなく

http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/b1262d6748d72903da7ef6e356318f24

ミクシィ内で紹介してあったので。

分かり易いような、分かりにくい消費税のお話でした。

しかし、これは、まぎれもなく詐欺ですね。
[PR]
by akikonoda | 2010-06-28 09:01 | 記憶

雨音

雨音の弾けながるる永遠の滝壺のごとし 夜に想うて
[PR]
by akikonoda | 2010-06-27 21:46 | 短歌

砂漠に花

砂漠に花の種をまく 雨の夜でも 花が咲くかな 月も出るかな
[PR]
by akikonoda | 2010-06-25 22:44

らいぶ



姪のらいぶにせがれたちと行ってまいりました。

最初は、どんなもんかなあと、おろおろ思ってましたが。

おばばかで恐縮ですが、ぴょこぴょこはじけぐあいが、かわいかったです。

でも、アイドルが、昨日は福岡に帰って来て、もつ鍋食べて、生肉もおいしかったです!

っておまえさん。。。にくしょくけいなのけ?


かなり、萌えました。


おじさん、おにいさんのきもちもわかりかけた気がします。


ごめんね、私。ってな感じです。


そういえば、倉地さんと砂漠のルー・リードと言われているらしいハウ・ゲルブさん?のライブに初めて行った時の場所だったので、懐かしいなあと思いつつ、場所はこんなにも変わるのだと、ちょっと、新鮮でしたぞな、もしかして。
[PR]
by akikonoda | 2010-06-25 22:09