<   2010年 09月 ( 95 )   > この月の画像一覧

ひとねむり

ひとねむりした後の間の染み込んだ記憶のねには いっぽんのかみ
[PR]
by akikonoda | 2010-09-30 22:36 | 短歌

わすれもの

わすれものしていたようでふりかえる 階段上から影のかけおり  
[PR]
by akikonoda | 2010-09-30 22:26 | 短歌

お香

紫のお香くゆらす 夕べかな 白々とこぼれた記憶のような
[PR]
by akikonoda | 2010-09-30 22:00 | 短歌

軍事交流

【ワシントン草野和彦】米国防総省当局者は29日、中断していた中国との軍事交流を10月14、15日にハワイで再開することを明らかにした。その後、年内にワシントンで米中の軍事当局者が協議を行うことも中国側と合意した。再開協議のためシファー次官補代理が訪中しており、「持続的で信頼のおける軍事関係」が、米中関係の発展に欠かせないことを中国側と確認した。

 軍事交流は、米国が今年1月に台湾への武器売却を発表したことに中国が反発し、一方的に中断した。中国が再開に合意したのは、来年1月に予定される胡錦濤国家主席の訪米を成功させるため、良好な米中関係の雰囲気作りに乗り出した可能性がある。温家宝首相は今月22日、ゲーツ国防長官の訪中を要請している。

 また軍事交流では、「幅広い話題」を協議することになった。日中対立の原因となっている尖閣諸島がある東シナ海や南シナ海など、領有権問題を抱える海域で、中国が軍事力を拡大していることに米国は懸念を持っており、軍事交流再開がこうした海域の情勢にどう影響を与えるかも注目される。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

亜米利加は、核の傘をぶちあげ、日本から思いやり予算をもらっているにもかかわらず、もっと予算をあげろというような姿勢で危機をあおり、平和憲法を押し付けておきながら、日米安保における、日本を守るという基本姿勢が見れない。

契約の国というのは、他の国を訴えるだけの国なら、何とも情けないことである。
[PR]
by akikonoda | 2010-09-30 11:48 | 記憶

民主党執行部のメンバーらと会談

 北朝鮮に駐在する中国の劉洪才大使(55)が今月中旬、極秘裏に来日し、民主党執行部のメンバーらと会談していたことが分かった。複数の日中関係者が毎日新聞に明らかにした。沖縄県・尖閣諸島沖での漁船衝突事件をめぐって意見交換したとみられる。劉大使は中国訪問中の細野豪志前幹事長代理と関係が深いとされる。

 劉大使は今月12〜15日に来日した模様。日本語が堪能で、89年から約3年間、在日大使館に勤務し、日本政界とのパイプも太い。03年から中国共産党で外交を担当する対外連絡部副部長を務めた後、今春から北朝鮮駐在大使。中国首脳の訪朝などに随行し、金正日(キム・ジョンイル)総書記との会見にも数多く同席している。

 日中関係のほか、北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議や日朝関係などについても意見交換した模様。【西岡省二】

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パイプがあるといっても両方に繋がって、両方向に行き渡る訳でもなく、片方にだけ流れていく、一部の売国奴だけに流されていくということの無いように。

日本を売り渡すようなことがないように。
[PR]
by akikonoda | 2010-09-30 09:35 | 記憶

毛蟹と沢蟹

こどもの頃
車で北海道に行ったことがある
船着き場で売っていた 毛蟹を見た

蟹の毛は茶髪で剛毛 横歩きしかしないので
寒い海から来たものの赤い毛と鋏をむしられ
しゃぶられていた

ちっとも前に進まない
人のものをとるのが好きな強欲鋏で威嚇していた
おそらく単細胞 蟹の横歩き を読もうともしない

水源を押さえようとする
平等とは真っ赤な嘘の沢蟹もいた
汚れたあわをまきちらす赤っ恥というものを知らない迷惑なバブル

あんまり 
鋏できりすぎて
ちょんぎるものとり みもちょんぎれた
[PR]
by akikonoda | 2010-09-29 22:12 |

政党交付金

総務省は29日、09年分の政党交付金の使途等報告書を公表した。政権交代に結びついた激戦の衆院選があった影響で選挙費用などの政治活動費が前年比2.1倍の計224億8800万円に上り、支出総額は49.9%増の計387億9300万円と、年間の交付総額319億4200万円を上回った。交付を受けた8党のうち6党が、前年までに政党交付金から積み立てた政党基金を取り崩した。

 支出が最多だったのは自民党で、前年比35.8%増の184億2100万円。民主党は156億300万円で続いたが、伸び率は86.5%増に達した。交付額の最多は自民党の139億8000万円だったが、衆院選で大幅に議席を増やした民主党も136億6100万円に達し、支出、交付ともに両党で全体の9割近くを占めた。

 09年から交付対象となったみんなの党と改革クラブ(現・新党改革)を除く6党で支出総額が交付額を上回り、政党基金残高の合計は08年末の112億6500万円から6割減の44億200万円になった。



選挙して、
 政党交付金は政党助成法に基づき、所属国会議員数と直近の国政選挙の得票数に応じ、受け取りを拒否している共産党を除く各党に配分される。交付額は1〜8月分は1月1日、9〜12月分は衆院選後の8月31日を基準日に算出された。【笈田直樹】


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

小沢一郎氏:講演で「選挙重視」強調 早期解散が念頭か

 民主党の小沢一郎元幹事長は23日夜、群馬県高崎市で講演し「最近は選挙を軽視する風潮があるが、政治家はどんなに見識や力量があっても選挙に負けたのでは何の役にも立てない」と選挙重視の持論を展開した。

 党代表選で敗北した直後で、動向が注目される中での発言だけに「早期の衆院解散・総選挙が念頭にあるのではないか」との憶測も出そうだ。

 小沢氏は「先輩からは『選挙が終わったら次の日から選挙だ。おまえたちの仕事は次の選挙で当選することだ』と教えを受けてきた」と強調。「選挙で国民の信頼を得るためにはどういう政策がいいのか、われわれは一生懸命考えて国民に信を問うことになる」と述べた。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

結局、選挙して、選挙資金が支払われているので、コネがあり、落ちる心配のないような人は、選挙ばかりした方が儲かる、機密費もばらまかれると言う構図が見えてくる。

選挙ばかりして、国政不安定を狙っているとしか思えない、国民不在の政治。
[PR]
by akikonoda | 2010-09-29 21:06 | 記憶

ことば

あきになり ことばのみそしるすするなり したをはいずるなめこのような
[PR]
by akikonoda | 2010-09-28 22:55 | 短歌

証明

民族と血族の流れ しらしむる 近未来・近過去の証明
[PR]
by akikonoda | 2010-09-28 22:44 | 短歌

心しておかないと 甘くない現実

血族的な優先性も考慮に入れて、経済、軍事力、地政学だけでは判断できない、ものごともあり。。。

政治家の皆様方も色々な事情があり。。。

しかし、かといってそれに左右されていくのも腑に落ちないので。。。

「血族」のある一定の集合体が民族でもあるといえるだろうが、集合体が「場」を求めての行動というものが、今でも起こっているということも視野に入れて、今のままがずっと続くと言うことはないかもしれないということも、甘くない現実もこころしておかないといけないが、あざとすぎる行動には、いずれにせよ、抵抗し、否を唱える。


米中冷戦などいうものもいるが、そこでは繋がっているパイプは確実にあるので、表面的な小競り合いというものも充分ありうる。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://ameblo.jp/sunshine-berkeley/entry-10081465807.html より


2008-03-20 18:11:28
オバマの腹違いの弟は中国人女性と結婚して、中国に住んでいる 
今回のライト師の発言をめぐる件が、オバマにとって不利となった、とするメディアの報道もある中、クリントン元大統領の政策アドバイサーで、コラムニストのディック・モリスはオバマの演説から一夜明けた3月19日付けの彼のコラムで、「オバマはすでに勝っている。戦いはすでに終わった」と書いている。

そして、ライト師の問題については、「彼の選挙戦になんら影響を与えるものではない。オバマが、なぜシカゴの黒人教会の会員になったのか。なぜなら、彼は異人種間の結婚によって生まれたハーフであり、黒人であり、コロンビア大学とハーバード大学で学んだ(両校とも白人大学)シカゴ選出の黒人政治家だからだ。そのため、私の推測だが、彼はこれでは黒人としては半人前だと思い、黒人コミュニティーに自分を結びつけるためにも、ライト師の教会が必要だったのではないかと思う」と書いている。
http://www.realclearpolitics.com/articles/2008/03/wrights_rantings_wont_sink_oba.html

「ハーフの心理的な苦しみは、ハーフにしか分からない」とよくいうが、これは本当だと思う。オバマの場合は、その上、母親(アン)が再婚した相手がインドネシア人の男性だったので、異父の妹(ハワイ在住)がいるし、彼の父親(ケニア人)の再婚相手だった白人のアメリカ人女性(ルース)と父親との間にも妹と弟がいる。

3月17日付の「ニューヨーク・タイムス」に、この腹違いの妹・Auma(ケニア在住)をインタビューしたコラムニストの記事が掲載されている。

彼女の話によれば、彼女の夫はイギリス人、彼女の母の兄弟はロシア人女性と結婚。彼女の弟(マーク。オバマの腹違いの弟)は、中国人と結婚して、中国に住んでいるそうだ(もう1人、ルースと父親との間にはデイビッドというオバマの弟にあたる人がいたが、オートバイ事故によりケニアで死亡した)。

オバマの父親には、合計4人の女性達との間に8人の子供がいるとのこと。このようにオバマの血脈は、アフリカ系、アジア系、ヨーロッパ系(白人)とあらゆる人種が混合され、その宗教も多岐にわたる、まさに”グローバル・ファミリー”だ。

なお、オバマの母親は文化人類学の研究者であり、インドネシア人の再婚相手と離婚後、50才の時に博士号を取得。「人種の垣根を越えよ。人類は皆同じ」というのが彼女のモットーだったそう。がんにより53才で亡くなるが、かさむ治療費を気にしての晩年だった、と彼はいっている。

http://www.nytimes.com/2008/03/17/opinion/29cohen.html?_r=1&hp&oref=slogin

http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/worldnews.html?in_article_id=512970&in_page_id=1811
[PR]
by akikonoda | 2010-09-28 11:35 | 記憶