<   2011年 04月 ( 61 )   > この月の画像一覧

ざんねんな

ざんねんなひとのことばのふりかかり こうどうとちがううらおもてあり
[PR]
by akikonoda | 2011-04-30 22:26 | 短歌

すれちがう

すれちがう いしきといしきのぶつかりて やりたくないものおしつけあいかな
[PR]
by akikonoda | 2011-04-30 19:45 | 短歌

辞任

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html#more
[PR]
by akikonoda | 2011-04-30 10:04 | 記憶

さいてい

さいていというなのかんけいせいをみる しらせることとしることのきょり
[PR]
by akikonoda | 2011-04-29 09:05 | 短歌

武富士のっとり

会社更生手続き中の消費者金融・武富士の管財人は28日、同社の事業を引き継ぐ支援企業として、韓国の消費者金融大手A&Pファイナンシャルと契約を結んだと発表した。

 韓国企業が日本の消費者金融を買収したのは初めてだ。買収金額は非公表だが、数百億円とみられる。

 A&Pは韓国内で「ラッシュ・アンド・キャッシュ」というブランド名で事業を展開しており、グループの貸付金残高は2兆800億ウォン(約1560億円)。今回の買収を機に、日本での消費者金融に本格参入することになる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

会社更生手続き中であるということは、金を借りてもいない日本人のお金が流れていくということでもあり、つけ廻されるということである。

自覚なきかねかしとかねかり。

由々しき問題であり、国が、政府が乗っ取りに手を貸すこともない。

売国するべからず。
[PR]
by akikonoda | 2011-04-29 08:28 | 記憶

地震がおきても

地震がおきても
毎日 漬け物を漬けているもの

津波が起きても
毎日 ごはんをたべるもの

放射能がちっても
毎日 息をしているもの

地球がなくなっても
毎日 息はできないもの



ひとりのひとがなくなって
ひとつのこきゅうがなくなった

ひとつのふるさとがなくなって
ひとつのたましいはなくなった

ひとつのちきゅうがなくなって
ひとつのたいようがなくなった

ひとつのきおくがなくなって
ひとつのうちゅうがなくなった


ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ コトバニカエシタ
ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ エイゾウニカエシタ

ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ ツチニカエシタ
ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ スナニカエシタ

ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ ナミニカエシタ
ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ ウミニカエシタ

ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ ソラニカエシタ
ワレワレハ ワレワレノ キオクヲ ワレワレニカエシタ
[PR]
by akikonoda | 2011-04-28 16:06 |

日韓図書協定、衆院外務委が可決…自民は反対

日韓図書協定、衆院外務委が可決…自民は反対

 衆院外務委員会は27日、朝鮮王朝ゆかりの朝鮮王朝儀軌
ぎき
を韓国に引き渡すための日韓図書協定の承認案を民主、公明両党などの賛成多数で可決した。


 自民党は「韓国にも日本の図書が存在するのに内容が片務的だ」として反対した。承認案は28日の衆院本会議で可決、5月中旬にも参院で可決され、協定が発効する見通しだ。

(2011年4月27日18時42分 読売新聞)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

どさくさにまぎれての決議。

確かに偏っている取り決めであり、現政権である。

それを支持している公明党も、日本の戻って来ていない図書は、どうでもいいということなのだろうか。

そういった行動やパチンコ等の緩い規制、見て見ぬ振りをし続ける政治家や役人、なあなあで宣伝したり、理解あるように見える人を見るにつけ、日本のことを思っているとは、到底思えず、不信感は募るばかりである。

やはり、民主にはやめてもらう方が良い。
[PR]
by akikonoda | 2011-04-27 20:37 | 記憶

えんじる

あのよまでもっていくものはあるにしろ 
しぬまでえんじる しんでもえんじる
ひとのかなしきつるされたからだ

おそるおそるちかづいてくるぎょがんのように
おとなになりましたというてがみを
みしらぬひとからもらった

つるされたしろいぶらんこのひとのからだを
しつようにおう いつかみた
かくしかめらをおもいだしていた

かくさんがきぼうなのは
いったいだれだったのだろう
あのひととそのひとはどういつじんぶつとわかるにしろ

そこまでして
しろいはをだしてわらわなくていい
わらいたくないときはわらわなくていい

かくしみをしたもののつぶやきような
ひとびとのたましいのようなものは
もうえんじることもなくただつるされていくだけならば
[PR]
by akikonoda | 2011-04-27 17:30 |

ずいぶんと

ずいぶんとかぜがはげしくなってきた たおれたままのせんたくものほし
[PR]
by akikonoda | 2011-04-26 14:45 | 短歌

アラン・シリトー氏

アラン・シリトー氏(英作家)英メディアによると25日、ロンドン市内の病院で死去。82歳。死因は公表されていない。

 英国中部ノッティンガムの労働者階級出身。1950年代に出現した体制批判派作家「怒れる若者たち」のひとり。代表作に「土曜の夜と日曜の朝」(1958年)、「長距離走者の孤独」(59年)など。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜

合掌。
[PR]
by akikonoda | 2011-04-26 09:00 | 記憶