タグ:ガザ ( 6 ) タグの人気記事

ガザに侵入

 【エルサレム27日時事】パレスチナ自治区ガザからの情報によると、イスラエル軍地上部隊は27日、21日の撤退完了以降初めてガザに侵入し、南部ハンユニス近郊でパレスチナ武装組織に対する掃討作戦を展開した。武装組織の越境攻撃を受けた報復で、ハンユニスに空爆も行った。

 この日の交戦では、イスラエル側で兵士1人死亡し、3人が負傷。一方、ガザでは民間人ら少なくとも1人が命を落とし、3人が負傷した。18日の停戦入り以降では最大規模の交戦で、再び戦闘が本格化するなど情勢悪化の懸念が高まってきた。 

~~~~~~~


大統領選に合わせての一方的な休戦であったということだけでは、すまされない。

今ここで、人を爆弾で殺してライフラインを断ち、ガザの人たちを虐殺しても「反省」しない、イスラエルと亜米利加政府の発言、行為に対して、一般市民として否を唱える。

むちゃくちゃな戦争を仕掛けるイスラエルや亜米利加政府に対して、世界中で、少なくとも今すぐにでもやろうと思えば出来る身近な事は、彼らのように「暴力」と「傲慢」で解決しようとするのでななく、その力の源の「権限」を与えない事である。

イスラエルと亜米利加製品を買わないという素朴な、しかし誰にでも出来る無言の抵抗からはじまり、
それらの国へのエネルギー供給を絶つ、
イスラエル亜米利加の資金源である、無から作るお金を使って武器や土地や嗜好品や労働時間にとってかえられる、世界中に蔓延る金融資本の仕組みをかえる。


と言う基本的な抵抗を世界中で起こすことにより、なす術のない国連がなくとも、この世界の今のあまりに理不尽な横暴に歯止めがかかるきっかけとはなりえ、すこしは変わってくると思われる。

そのシステムを喜々として支えて手伝っているようでは、効果も、期待も、希望もない。
[PR]
by akikonoda | 2009-01-28 08:41 | 記憶

ガザ

イスラエル軍、ガザ撤退完了を発表
エルサレム(CNN) イスラエル軍は21日、ここ3週間イスラム原理主義組織ハマスの戦闘員を標的に軍事作戦を続けてきたパレスチナ自治区ガザから、撤退を完了したと発表した。

イスラエルはハマスのロケット弾攻撃を停止する目標を達成したと主張。一方のハマスの指導部も20日、ガザ市内で行われた集会で独自に勝利宣言を出した。

国連の潘基文事務総長は20日、訪問先のガザでイスラエルとハマスの双方を批判するとともに、何十年もパレスチナ紛争を解決できない「集団的政治的過失」で国際社会に矛先を向けた。潘事務総長は、今回の紛争ぼっ発時からイスラエルの行き過ぎた軍事力行使を非難してきたと述べ、ハマスのロケット弾攻撃についても「全く受け入れ難い」とコメントし、民間人に対する基本的尊重を取り戻す必要性を強調した。

〜〜〜〜〜〜〜〜

ガザの犠牲者1300人超、建物2万棟以上が倒壊


(CNN) パレスチナ自治政府統計局のサイトに19日掲載された情報によると、3週間に及んだイスラエルのガザ攻撃で、パレスチナ側の死者は1300人以上、負傷者は約5400人に達した。犠牲者の中には子供159人が含まれるという。

シャバナ統計局長によると、倒壊したり損壊した建物は2万2000棟を超え、経済損失は19億ドル(約1700億円)強に上った。

統計局の速報レポートによれば、22日間の戦闘でガザのGDPは85%減少し、作物は約80%が破壊された。経済復興には1年かかる可能性もあり、人道援助や経済援助が必要な状況になっている。

19日現在、インフラの修復作業が進められているが、40万人が水がないままだという。

ガザ攻撃は12月27日に始まり、18日の停戦で大部分が止んだ。イスラエル側は今回の戦闘で兵士10人を含む13人が死亡したとしている。
[PR]
by akikonoda | 2009-01-21 17:56

ガザ

2009年1月19日 22時38分 ( 2009年1月19日 23時23分更新 )

<ガザ>がれきの街をルポ 「戦車が病院消火まで妨害」
 【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)澤田克己】イスラエル軍の激しい攻撃を受けたパレスチナ自治区ガザ地区北部の中心都市ガザ市に19日、入った。同日朝、美しい地中海に面した道を進むと、道の左右にがれきと化した住宅が一面に広がる地域にぶつかった。イスラエル軍がガザ地区中部と分断するために、戦車部隊を展開した場所だという。

 避難する時に残した貴重品を掘り出そうとする家族。肉親を失った悲しみにぼうぜんと座り込む男性。話しかけても声なく首を振る少年――。がれきの山を前に立ち尽くす人々の姿からは、深い悲しみしか感じ取れなかった。

 19日、ガザ市は、被弾により陥没した道路や崩壊した建物が一段と多く目立ち、病院や国連関連事務所では火災の跡が痛々しく残っていた。「信じがたい惨状だ」。被害にあった関係者は、口々に怒りをつぶやいた。

 町を取り巻く畑にはイスラエル軍の戦車が踏み荒らした深いわだちが残っていた。地上侵攻の際、イスラエル軍が臨時設置した検問所は撤去され、住民が自由に通過できるようになっていた。

 市中心部に建つアル・クッズ赤新月社病院。14日夜に砲撃を受け、事務棟は崩壊、隣に建つ病棟にも火災が及び、その跡が残った。「火災は病棟の方にも広がってきた。だが、イスラエル軍の戦車が邪魔したから、消防車が来たのは2時間も経ってからだった」。職員のサミ・エマリさん(23)は、消防車の進入を止めたイスラエル軍の対応を批判した。

 病院内にいた250人の患者は、砲撃の被害を避けようと建物中央部の廊下に集まり、恐怖に震えて一夜を明かしたという。

 ガザ市はイスラム原理主義組織ハマスの関連施設が多いことから、特にイスラエル軍の標的とされた。同軍が「武器の集積所になっている」とみなして攻撃したモスク(イスラム教寺院)の被害も目立つ。ただ、なぜか、モスクは建物全体ではなく、象徴であるミナレット(尖塔)だけを破壊した例が多く目についた。

 周囲の住民は「イスラム教徒に恐怖を与えようとしただけだ」と激しい口調でイスラエルを非難した。

 市内を歩くと、ビニールなどが燃える異臭が鼻についた。15日に攻撃を受けた国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)のガザ本部事務所だった。

 イスラエル軍の砲撃は、ガザ地区北部に配布する食糧3000トンや、医薬品、毛布、マットレスなどを備蓄した倉庫を繰り返し襲った。空気と反応して激しく燃える白リン弾とみられる攻撃を受けたため、消火が極めて難しく、4日後の今もなお小さな炎が倉庫のあちこちで揺れていた。

 UNRWAの米国人職員、スコット・アンダーソンさん(41)は「国連が攻撃されるなんて想像もしなかった。イスラエル軍には、きちんとした位置データも渡してあったのに……。近くに駐車していたタンクローリーなどを退避させるのが精いっぱいだった」と力なく話した。

毎日〜〜〜〜〜〜〜

イスラエルは、一方的な攻撃の責任を、このままとらないでいると、ますます世界的に孤立していき、その国の存在自体も、疑われる事になっていくと思われる。


それほどの虐殺を、行っているのである。


人の暮らしを壊して、そのままやりっ放しでは済まされない。

これ以上、ガザの人たちのライフラインを経つ事は許されない。



〜〜〜〜〜〜〜

【ガザ市(パレスチナ自治区ガザ地区)澤田克己】「近くの住宅が爆撃されているのだろうと思っていたら、突然、こちらに砲弾が飛び込んできた」

 イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への攻撃で、国連人道問題調整事務所(OCHA)が今月9日、住民が住宅1軒に集められて砲撃され約30人が死亡したと報告した、ガザ市ザイトゥン地区の現場に19日入った。

 住民は国連報告の通り、閉じ込められた住宅が砲撃を受けたと証言。イスラエルがイスラム原理主義組織ハマスの掃討と主張するガザ侵攻で、同軍の支配下にある無抵抗の住民が殺害された実態が明らかになった。

 住民によると、イスラエル軍がザイトゥン地区を急襲したのは4日午前8時ごろ。兵士は住民に銃を突きつけ、アラビア語で「静かにしろ。外に出ろ」と命令した。集落の住民を何軒かの住宅に分けて閉じこめた。説明は何もなかった。

 アラファトさん(36)は「自宅から出ることを拒否した兄は、その場で射殺された」と話す。ブラヒミさん(45)は他の住民とともに1軒の民家に閉じ込められた。十分な寝具もなく、寒さと飢え、恐怖から、誰も何も話さず、ただ泣き声だけが聞こえてきた。

 夜が明けた5日朝、外から爆発音が聞こえた。イスラエル軍は住民が集められていることは知っていたはずだ。だが、砲弾が部屋に飛び込んできた。繰り返し行われた攻撃で多くの人が死んだ。

 ブラヒミさんも両足を負傷したが、無事だった人たちと一緒に、Tシャツで作った白旗を掲げて逃げ出した。

 イスラエル軍は侵攻の際、民家を拠点とするため住民を強制的に立ち退かせることがあり、今回もそれが理由だった可能性はある。だが、なぜ無抵抗の住民を集めた住宅を攻撃したのか。軍は「(事件について)調査する」と述べただけだ。

 現場では攻撃から2日後、許可を得た赤十字国際委員会(ICRC)がけが人を救出。その後、イスラエル軍は現場の住宅に再び激しい爆撃を加え、完全に破壊したという。

毎日〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2009-01-20 11:12 | 記憶

一方的に停止 イスラエルの一方的なホロコーストの事実が残る

[ガザ 17日 ロイター] イスラエルは17日、パレスチナ自治区ガザに対して3週間にわたって続けてきた大規模攻撃を18日午前2時(日本時間同午前9時)に一方的に停止すると発表した。

 一方、ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスは、攻撃の続行を宣言している。

 イスラエルのオルメルト首相はテレビ演説で、軍事作戦開始時に設定した目標を達成するとともに、ハマスに「深刻な打撃」を与えたなどと述べた。

 一方のハマスは、イスラエル軍がガザから撤退するまでは攻撃をやめないとしている。オルメルト首相が攻撃の一方的停止を発表した数分後には、ミサイル数個がイスラエル南部に着弾した。

 今回の大規模攻撃では、これまでにパレスチナ側の約1200人が死亡した。

〜〜〜〜〜〜〜〜


世界中の人は、ふりまわされるだけではいけない。

攻撃するだけするような勝手さがまかり通るような世界であってはならない。

イスラエルの無差別殺戮行動に、責任があり、壊したすべてのものに責任がある。

どこの国であろうと、他の国を侵略する権利はなく、許されない行為である。


今回の事で、どれだけ、イスラエルと亜米利加政府は、世界中に不信感と嫌悪感を巻き起こしたかは計り知れない事であり、そのことは後々までも影響されるという事を肝に銘じておいた方がいい。

この時代においてホロコーストをしでかしているのは、イスラエルであると言う事実を見せつけられた今、イスラエルの存在理由というものが改めて問われ、あらゆる理不尽な攻撃理由は通用しないと言う事である。


他の国にも、また、ふっかけさせようとしているような動きもあり、情けない事である。

挑発に乗らない事が必要であろうが、細心の注意で持って、見続けないといけないと思われる。
[PR]
by akikonoda | 2009-01-18 13:47 | 記憶

ガザ協議で「著しい進展」

<イスラエル>閣議で停戦決断か ガザ協議で「著しい進展」
 【エルサレム前田英司】イスラエル首相府は16日、声明を発表し、パレスチナ自治区ガザ地区情勢を調停するエジプトとの協議で「著しい進展があった」との見解を明らかにした。17日午後に主要閣僚が出席する治安閣議を招集する方針で、早ければこの場で停戦を決断する可能性が高まった。ただ、イスラム原理主義組織ハマスとは停戦期間などを巡って相違があり、イスラエルは一方的な停戦に踏み切ることも検討している模様だ。

 イスラエルのリブニ外相は16日、ワシントンでライス米国務長官と会談し、ガザへの武器密輸対策で米国の協力を確認する覚書を交わした。覚書は、米国との情報共有や技術支援を通じて、関係者間で武器密輸の監視メカニズムを構築すると明記しており、リブニ外相は「(停戦実現に)不可欠な要素だ」と評価した。また、イスラエルはカイロに政府特使を派遣して、調停役のエジプトと改めて協議した。首相府の声明は米、エジプト双方での「成果」を受ける形で発表された。

 一方、ハマスの指導者メシャール氏=シリア亡命中=は16日、即時のガザの封鎖解除を要求する「原則論」を改めて主張した。

 イスラエルは最大の同盟国である米国のオバマ新大統領の就任(20日)を前に、事態の収拾に傾いている。ハマスがイスラエルの停戦条件を受け入れない場合には、一方的な攻撃停止を決める可能性がある。

毎日〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2009-01-17 14:07 | 記憶

イスラエル、国連停戦決議を無視

イスラエル、国連停戦決議を無視=ガザ攻撃続行、死者800人に迫る
 【エルサレム9日時事】イスラエルは9日、国連安全保障理事会が採択したパレスチナ自治区ガザでの停戦を要求する決議を無視し、大規模な軍事作戦を続行した。AFP通信によると、昨年12月27日の作戦開始以来のパレスチナ死者数は777人に達し、犠牲者増加に歯止めが掛からない状況だ。
 イスラエル軍の声明などによると、同軍は8日夜から9日未明にかけ、イスラム原理主義組織ハマスが使用する施設や武器庫、武装組織の集団などガザ全土の標的50カ所以上に空爆を加えた。北部ベイトラヒヤで戦車が家屋などに砲撃を加え、中部ディルアルバラでは海軍艦船がロケット弾発射拠点に対する攻撃を行った。(2009/01/09-16:57)

時事〜〜〜〜〜〜

<イスラエル>首相、作戦継続を表明…安保理決議、拒絶
 【エルサレム前田英司】イスラエルのオルメルト首相は9日、国連安保理が8日に採択したパレスチナ自治区ガザ地区での即時停戦決議の受け入れを拒絶し、軍事作戦を継続するとの声明を発表した。首相は声明の中で「(イスラム原理主義組織ハマス側による)今朝のロケット弾攻撃は、決議が機能せず、パレスチナ組織によって順守されないことを示している」と強調した。

 イスラエルは9日、治安閣議を招集して今後のガザ情勢を協議している。安保理決議の受け入れは拒否したものの、エジプトとフランスが提示した停戦案を巡る調停を通じ、ハマスのロケット弾攻撃停止とエジプト境界からの武器密輸を阻止するメカニズムの確立を目指す意向とみられる。

 エジプト仲介に関しパレスチナ自治政府のアッバス議長は同日、ハマスの代表団は10日にそれぞれカイロ入りし、エジプトと個別協議に入る予定。しかしハマスは「ガザ地区の封鎖解除が停戦の前提条件」だとして、即時停戦を先決とするエジプト・仏提案に難色を示しており、協議は難航しそうだ。

 イスラエル軍は9日、国連安保理が即時停戦を決議した後も、ガザ地区への侵攻を継続して8日夜以降、ハマスの関連施設50カ所以上を空爆した。イスラエル放送によると、ガザからのロケット弾攻撃も続き、30発以上がイスラエル側に発射された。AFP通信によると、先月27日の空爆開始後のパレスチナ人死者は782人に上った。

毎日〜〜〜〜〜〜



ころすのはやめて、和解を心から願っている。
[PR]
by akikonoda | 2009-01-09 20:45 | 短歌