タグ:記憶 ( 501 ) タグの人気記事

信者乱暴で起訴の牧師無罪 水戸地裁土浦支部

準強姦罪で起訴の韓国籍牧師に無罪判決 水戸地裁土浦支部
2011.5.20 10:16

卞在昌(ビュン・ジェーチャン)被告(「モルデカイの会」提供)

 女性信者に「従わなければ悲惨な人生を歩む」と説教して信じ込ませ乱暴したとして、準強姦の罪に問われた韓国籍の牧師、卞在昌(ビュン・ジェーチャン)被告(62)=茨城県土浦市=の判決公判が20日、水戸地裁土浦支部で開かれ、神田大助裁判長は無罪(求刑懲役7年)を言い渡した。

 弁護側は「事件が起きたとされる日に、被告は韓国から来日中の宣教師を教会で接待しており、アリバイが成立する」などと無罪を主張していた。

 検察側は論告で「事件の前日だった接待を、弁護側証人は当日であるかのように写真の撮影日や日記を改竄(かいざん)した」と指摘。「被告は性欲を満たすためにキリスト教の教義や被害者の純粋な信仰心を利用し、卑劣極まりない」としていた。

 起訴状などによると、「国際福音キリスト教会」(同県つくば市)の主任牧師だった被告は、20代の女性信者に「自分は神から権威を与えられた」などと再三説教して信じ込ませ、平成19年2月17日ごろ、抵抗できない状態にして教会内で乱暴した、としている。


産経〜〜〜〜〜〜〜



信者乱暴で起訴の牧師無罪 水戸地裁土浦支部
2011年5月20日 10時40分


 女性信者に「従わなければ悲惨な人生を歩む」と説教して信じ込ませ乱暴したとして、準強姦の罪に問われた韓国籍の牧師卞在昌被告(62)=茨城県土浦市=に20日、水戸地裁土浦支部(神田大助裁判長)が無罪判決を言い渡した。求刑は懲役7年。弁護側は「事件が起きたとされる日に、被告は韓国から来日中の宣教師を教会で接待しており、アリバイが成立する」などと無罪を主張した。

共同~~~~~~~~~

説教して、乱暴する。

おそろしいことが、今の日本で起こっている。

女性を乱暴して罪に問われないのはおかしなことである。

裁判、法が人を助ける為に、機能していない。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-20 11:09 | 記憶

フォン・トリアー監督

【カンヌ鈴木隆】第64回カンヌ国際映画祭は19日、ナチスドイツの総統、アドルフ・ヒトラーに共鳴する発言をしたとして、デンマークのラース・フォン・トリアー監督を「好ましからざる人物」として映画祭から追放すると発表した。フォン・トリアー監督は、コンペティション部門に「メランコリア」を出品。00年には「ダンサー・イン・ザ・ダーク」で最高賞のパルムドールを受賞している。

 現地の報道などによると、フォン・トリアー監督は18日の記者会見で「彼(ヒトラー)はいわゆるまともなやつではないが、私は彼の多くを理解する。少し、彼に共鳴するところもある」などと発言。「オーケー、おれはナチだ」と締めくくったという。

 その後、謝罪したものの、評議会は「人間性や寛容を掲げる映画祭の理念に反し、受け入れ難い」などと判断した。ただし「メランコリア」はコンペ対象として残るという。

 フォン・トリアー監督は同映画祭の常連で、毎回、扇情的で過激な描写で物議をかもす問題作を出品している。

~~~~~~~~

「メランコリア」は見よう。

ある見解、表現を追放するというのは、残念なことである。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-20 09:08 | 記憶

放射砲と対応射撃

17日の軍関係者によると、この日午後2時20分、華川郡上西面馬ヒョン里(ファチョングン・サンソミョン・マヒョンリ)赤根山(チョクグンサン)南方限界線から6キロ離れた北朝鮮軍砲陣地の坑道で240ミリ放射砲4門が南側に向いていることが観測され、韓国軍が警戒を強化して注視している、と明らかにした。
また最前方地域部隊(GOP)は北朝鮮軍の放射砲が南側に向けられるとB型警戒態勢に突入、捜索隊員を待避させ、万一の事態に備えて対応射撃を準備している。

〜〜〜〜〜〜

韓半島はまた雲行きが怪しくなってくるのだろうか。
大陸と半島で、今後なにかしら起きそうな気配がする。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-20 09:01 | 記憶

亜米利加軍の思惑と日本の未来

ウォルター・シャープ在韓米軍司令官とのインタビューは、ジョアン・シャープ夫人が同席した中、ソウル竜山(ヨンサン)の司令官官邸「ヒルトップハウス」で行われた。 官邸は50年前に建てられた一階建て木造建物で素朴だった。 応接室の隅には、シャープ司令官が生まれた1952年、韓国戦争(1950−53)に参戦中だった父(死去)が写った家族写真、李明博(イ・ミョンバク)大統領、オバマ米大統領と一緒に撮影した写真が並んでいた。 1時間ほどのインタビュー中、愛犬エリーは夫婦のそばで静かに座っていた。 在韓米軍司令官が官邸をメディアに公開したのは今回が初めてという。
−−一日の日程が知りたい。
 「私の日課は北朝鮮に関する情報報告を受けることから始まる。 皆さんが想像できる北朝鮮のすべての動きに注視している。 この数カ月間、北朝鮮はとても静かだった。 彼らはいま食糧を要求している。 いかなる約束もせず、いかなる措置も取らず、挑発後により多くの食糧を得ようとする過去のサイクルを繰り返している。 北朝鮮の追加挑発を懸念している理由だ。 現在、北朝鮮のモードは対話と食糧支援要求に合わされている」
−−1996年から98年にかけて、ジョン・ティラリー在韓米軍司令官の人事参謀に続き、在韓米第2師団副師団長を務めた。 当時とこの3年間を比較してほしい。
「当時韓国軍と緊密に仕事をする機会があった。 当時も韓国軍は強かったが、10年ぶりに会った韓国軍のプロフェッショナリズムと能力は大きく変わった」
シャープ司令官は韓国軍の戦力について話しながら、上部指揮構造の改編を核心とした韓国の国防改革に話題を移した。 シャープ司令官は「金寛鎮(キム・グァンジン)国防長官と韓民求(ハン・ミング)合同参謀会議議長が推進中の国防改革は合同性を強化し、戦闘力を増強する正しい方向だと確信している」とし「改革が実現するよう積極的に支持し、協調している」と述べた。
−−米国の場合はどうだったのか。
「米国も86年から国防改革を始め、完成するのに10年かかり、苦労もした。 しかし戦闘力で大きな配当金(dividends)を受けることができた。 不必要なシステムはすべてなくした。 興味深い点は米国の軍改革は議会が主導したという点だ。 合同性強化のために他軍や合同参謀で勤務しなければ将軍になれないようにする法(ゴールドウォーター=ニコルズ法)を作った。 (私が参戦した)91年1月の‘砂漠の嵐’作戦(湾岸戦争)で合同性と効率性が検証された」
シャープ司令官は「米国の経験から見て、韓国の場合も国会が国防改革の実現で役割を果たせるというのが最初の教訓」とし「各軍指導部も例えば『空軍が大金を使う』という考え方をせず、一つの合同戦力(joint force)を考える必要がある」と話した。
シャープ司令官は「2015年、韓国の合同参謀会議議長に戦時作戦権が転換される時点までに(乙支フリーダムガーディアン訓練などを通して)韓国軍の新しい上部指揮構造を検証し、固めていくよう支援する」と述べた。

−−2015年の戦作権転換後、韓米同盟は弱まらないのか。
「戦作権が韓国軍に転換されれば、韓国軍はよりいっそう強くなる。 米国人ではなく韓国人の指揮部が持つ強みを生かせる。 韓民求合同参謀議長は私よりも韓国の地形と韓国軍の力について数百倍もよく知っている。 これは変わりなく維持される2万8500人の在韓米軍とともに韓米同盟をさらに強める要素だ。 現在、両国間の国防・外交チームワークは素晴らしいレベルで協調がうまくいっている。 在韓米軍の施設など福祉が改善され、家族単位で勤務する軍人が08年の1800人から現在4200人に増えた。 彼らは1年ではなく2−3年ほど韓国で勤務する。 これは北朝鮮に対する強力な抑制手段になると確信している」
−−一韓米同盟の望ましいビジョンは何か。
「韓国は‘支援を受ける国’から‘与える国’に変わった。 いま韓国軍はレバノン、ハイチ、アフガニスタン、ソマリア海域で全世界の平和・安定に寄与している。 第一の脅威である対北朝鮮対応態勢に影響を与えない範囲で、国際社会を支援できる力が十分にあると考える。 韓国の活動を見ている数多くの国が万一の場合には、1950年(韓国戦争当時)にそうであったように軍隊を派遣するだろう。 延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発後の韓国軍の射撃訓練当時、国連司令部代表の参観が北朝鮮に与えるメッセージは強力なものだ」
−−韓日軍事協力問題に対する見解は。
「協力がうまくいっていて、今後もさらに発展すると見ている。 日本は韓国の防衛に非常に重要だ。 米軍後方司令部と弾薬庫、燃料基地がある。 韓半島の戦時に米軍は日本を経て増強される。 日本は私たちの同盟を強化できる資産を持っている。 日本の大地震当時、韓国が日本を支援したように、軍事部門の協力にも進展があればいい」
シャープ司令官とジョアン夫人は5年間のソウルでの思い出を語った。 ジョアン夫人は「末っ子が昨年、恋人を連れてソウルに来て、南山(ナムサン)で愛の告白をした」とし「小学生だった10年前、『ソウルは私にとって何か』というテーマの作文大会で受賞した記念品に南山が描かれていたためだと話していた」と伝えた。 昨年のクリスマスには3人の子どもの家族がみんな韓国に集まって素敵な思い出を作ったという。 ジョアン夫人に尋ねた。
−−これまでに会った韓国人の中で最も記憶に残っている人は。
「歩く百科事典と呼ばれる白善ヨプ(ベク・ソンヨプ)将軍。 91歳だが、私が生まれる前のことでも昨日のことのように記憶している。 本当に尊敬する。老齢でありながらも国のために献身する驚異的(amazing)な愛国者だと思う」
シャープ司令官は「寒さと暑さの中、前方の非武装地帯(DMZ)哨所で24時間勤務する哨兵と韓国の指導者」と述べた。 シャープ司令官は「37年間の軍生活を韓国で終えることになり栄光」とし「引退後もシンクタンクなどで活動し、韓米同盟と韓国のための強い支持者になりたい」と話した。 ジョアン夫人は「胸の中に永遠に韓国を大切にしまっておきたい」と語った。


中央日報〜〜〜〜〜〜〜〜〜


上記について。
特に気になるところとして以下抜粋< >。

<−−韓日軍事協力問題に対する見解は。
「協力がうまくいっていて、今後もさらに発展すると見ている。 日本は韓国の防衛に非常に重要だ。 米軍後方司令部と弾薬庫、燃料基地がある。 韓半島の戦時に米軍は日本を経て増強される。 日本は私たちの同盟を強化できる資産を持っている。 日本の大地震当時、韓国が日本を支援したように、軍事部門の協力にも進展があればいい」>


日本をなんだと思っているのだろうか。
弾薬庫、燃料基地。防衛に利用。
ただの「資産家」としか見ていないような言動に、敬意や配慮が何も見られない。
利用するだけしようという姿勢が垣間見れて、不快である。
今現在、震災で日本が韓国や北朝鮮いずれにも肩入れし、援助できる状態ではないことも分からないのであろうか。

あきれた皮算用であるが、何より日本が震災で辛い時に、よくそんなことが言えるものである。

日本の現状を見ていない、見ようともしていないとしか言いようがない。


亜米利加の北朝鮮に拉致されている人についてのおかしな言動が現れて危惧している。
戦後日本から渡ったもと韓半島の人たちまで、拉致被害者として数に入れているようであったので、彼らは「自らの意思」で「祖国」に帰ったのであるから、それを拉致とするのはおかしなことであろう。

日本政府はそのことに対して、しっかりと言及する必要がある。


また、今後、韓国は、中東において軍を派遣等しているので、避難の目を向けられ攻撃対象になりつつあるようなので、その好戦的とも取れる姿勢も韓国内の民衆の平和的思考が機能しているとするならば、反対運動により長続きするかどうかは疑わしいが、韓国/北朝鮮の内戦や世界大戦等に巻き込まれることのないように、日本は今大変な時期だからこそ、独自のスタンスが必要になってくると思われる。

戦争は避けねばならない。絶対に。

自国を守る体勢は崩さず強化しつつも、中立的位置づけは少なくとも必要であると思われる。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-18 18:28 | 記憶

ひさしぶりに

ひさしぶりに友に会って話がしたくなってメールをしました。

とりあえず、元気そうでなによりでしたが、又あってじっくり話しましょう。

ひさしぶりにあっても、時間がすぐ繋がれることは有り難いことです。

こまごましたことをふっとばして、思ったことを淡々と言いあえるので、今更ながら有り難いものです。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-18 17:10 | 日々の事

廃品回収の日

こども会の廃品回収
白いトラックと緑の廃品回収車がやってきた
こどもたちは廃品を集めて
公園に持ってくる
古新聞 古雑誌 空き缶 ダンボール 
それから いらなくなった衣類
こども会の運営にあてられる
ことしは
六年生が多いので
廃品回収は三回するそうだ
卒業記念に中学校用の鞄をプレゼントするそうだ
廃品を出すだけでなく
集めることもすると
まわりまわっている
もののながれを
空き缶をぽいすてする
手前で
かんかんの重みを
新聞のつみかたひとつも
すこしは実感するような
[PR]
by akikonoda | 2011-05-15 21:00 | 記憶

日本のパチンコ非合法化はいつか

日本のパチンコ業界は30兆円産業と言われたが、現在は売上の減少が続いている。一方、韓国では、2006年にすでに非合法化されている。

 2011年4月19日、経済産業省が発表した特定サービス産業動態統計調査によると、パチンコホールの平成23年2月の売上高は702億700万円で、前年同月比ではマイナス1.6%と19カ月連続で減少した。1994年には年間の市場規模は30兆円を超えたものの、その後は減少を続け、現在はピーク時の4分の3程度まで減少し20兆円規模といわれている。

 特に最近のパチンコ業界の売上減少は、2007年までにギャンブル性の高い機種が禁止されたことが大きいとみられている。また改正貸金業法が昨年6月に完全施行され、消費者金融の融資額上限が年収の3分の1までに規制されたことも、影響を与えたとみられる。

 一方、最近では東日本大震災によって実施された計画停電で「パチンコ店は電気を浪費している」といった意見も聞かれた。石原東京都知事は、韓国でパチンコが全廃されていることについても指摘し、厳しいコメントを寄せていた。

 今回の石原都知事のコメントで、韓国のパチンコ事情を知った人も多いようだ。韓国でパチンコは「メダルチギ」と呼ばれ、日本のパチンコ台を再利用することが多く、2000年頃から急速に普及した。パチンコ玉の代わりにメダルを使用する点は異なるものの、メダルが入賞口に入ると液晶画面の抽選がスタートし、数字や絵柄がそろって大当たりする点は同じ。メダルチギで獲得できる賞品は商品券だが、韓国でもこの商品券を現金に換える事は違法であったため、日本同様に近くの換金所で現金に換えていた。

 しかし、パチンコが原因で多額の借金をして自殺した人などが相次ぎ、社会問題化した。さらにパチンコ業界と政府の癒着により政治スキャンダルにも発展し、韓国のマスコミが大きく取り上げた。その結果、2006年にパチンコは韓国で全廃されたという。

 日本でも毎年のように、パチンコのために親が子供を車中や家に放置して、死亡させる事件が発生するなど様々な問題が表面化している。これを機に、日本でも議論が活発になっていくかもしれない。

マネージン〜〜〜〜〜〜〜〜
[PR]
by akikonoda | 2011-05-15 16:43 | 記憶

溶融の可能性

東京電力は14日、2、3号機の原子炉について「最悪の場合、1号機と同様のケースが想定できる」と説明し、核燃料全体の溶融(メルトダウン)の可能性を初めて認めた。

 1号機では、11日に水位計を補正した結果、炉内の水位が予想以上に低いことが判明、燃料が冷却水から露出して溶けたことが確実となった。2、3号機の水位計はまだ補正していないが、1号機と同じ仕組みのうえ、もともと1号機より低い水位を示している。

 東電は4月末、燃料の損傷率を、1号機で55%、2号機35%、3号機30%と試算していた。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-14 22:54 | 記憶

韓国民団の固定資産税免除、市に取り消し命令

韓国民団の固定資産税免除、市に取り消し命令


 在日本大韓民国民団の千葉県地方本部(千葉市)への固定資産税などの課税を千葉市が免除したのは条例違反だとして、同市内の男性が免除取り消しを求めた住民訴訟の判決が13日、千葉地裁であり、多見谷寿郎裁判長は「一定の民族のための組織であり、減免対象になる町内会等に準ずる団体とはいえない」とし、免除取り消しを同市に命じた。


 判決によると、市は2009年5月、「大使館の委任業務や地域住民との韓国語教室を行い、公共性が高い」として2税を全額免除。その後の調査で大使館業務は確認できず、免除を一部取り消したが、判決は、韓国語教室も「公益的活動とまでは認められない」などとした。市は「判決内容を検討して対応する」としている。

(2011年5月13日20時56分 読売新聞)〜〜〜〜〜〜〜

市民は、暮らしが楽でないにも関わらず税金を納め続けている中で、免除になり続けることは、どう考えてもおかしいと思われる。

東日本が震災で苦しい状況もあるゆえ、そのことも考慮した上で、今まで免除されて来た分も含めて、きちんとまっとうに「平等」に支払うことは必要であると思われる。

全国にある民団が、普通に固定資産税免除を解除することで、どれだけの被災者の方々が助かるかを考えると、今こそ「平等」の時である。

そこから本当の「水平」「平等」が始まるといえる。

そこから日本人としての真の解放が始まるといえる。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-13 22:10 | 記憶

福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める

福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める


福島原発
 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した。


 東電は、この状態が「メルトダウン(炉心溶融)」であることを認めた。

 東電は、圧力容器の温度は100~200度と安定しているため、今後大きな事故に至る可能性は低いと見ているが、圧力容器を覆う格納容器からも水が漏れだしている可能性が高く、事故収束は難航が予想される。

 東電によると、10日から原子炉建屋内に入った作業員が水位計を調整した結果、圧力容器の冷却水位は燃料頂部から5メートル以上低いことが分かった。燃料棒は長さが約4メートルで、完全に露出している。これまでは、燃料頂部から1・65メートル低い位置まで水が満たされていると推定されていた。

 東電は、燃料の大半はすでに溶けたり崩れたりして、底部に落下したとみている。経済産業省原子力安全・保安院は、圧力容器の温度が低いことから、「燃料は容器底部にたまった水で冷やされている」と指摘した。

 損傷した可能性が高いのは、原子炉の核反応を停止させる制御棒の貫通部など。直径約4・8メートルの圧力容器底部には制御棒97本、中性子計装管34本が貫通している。貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられないという。

(2011年5月12日22時55分 読売新聞)〜〜〜〜〜

水がたまらず漏れているということは、当初から、その可能性を否定できるはずもなかったが。

だからこそ、汚染を最大限除去しつつ、最小限に食い止める努力をしていると思われるが。

事実を一般の方々に、今まではっきり言わなかったのは残念でしかない。
[PR]
by akikonoda | 2011-05-12 23:18 | 記憶