辺見庸さん講演会

http://henmi.up.seesaa.net/image/yo_hemmi.pdf

大阪まで行ってお話をお聞きしたかった。

福岡での講演会もいつかしていただけたら等と思いつつ、直ぐ思い通りに動けない不自由を感じている。

イランイラク戦争の最中に父親の仕事の関係でイランに住んでいた事があったのだが、二十数年ぶりに、イランに二度ほど行った後に、なぜか、無性に読みたくなって、辺見さんの本を読みふけったのは、なんでだろうと今更ながら思う。

最近でも、心身ともに本当にしんどい、あやうい時に、辺見さんの本の言葉に触れて、持ち直せたことがあり、何かと、内面(内的体験)の危機?の時に、本を介して助けて頂いている気がする。

たぶん、お一人でずっと考え抜いておられた言葉の力に、影響され続けているからだと思われる。
[PR]
by akikonoda | 2008-10-21 19:42
<< 給油延長法案:参院審議、不透明に 食パンの >>