<   2007年 05月 ( 85 )   > この月の画像一覧

ちゅらさんふむな



すわりこみ ふなむしのよに はいあがる ちゅらさんふむな なきすなふむな
[PR]
by akikonoda | 2007-05-18 16:15

漱石の夢一夜


一、二年前のこと。

漱石の「夢十夜」を劇化し、韓国と日本の国際交流会のような集いでやったと、演劇人である知人が話していた。

ほかの作品はだいたい読んでいたのだが、夢十夜だけは、なぜか、読んでいなかった。

なにやら、漱石の内なるものが、潜んでいそうで、簡単に手が付けられない。という気がしたのかもしれない。

夢はそれほどまでに、重たいと思う時が、たびたびある。

夢の話をなんとはなしに集めながらも、夢十夜を読むことをしなかったのは、たぶん、じぶんには、まだ心構えができていない気がしたからだと思う。

先日、古本屋で夢枕獏さんの鬼の話を集めた本を見つけた。

そのすぐ近くに、夢十夜に挿絵がついたものも見つけ、どっちにしようか迷ったが、鬼の話の本は、山岸さんの夜叉漫画や馬場さんの鬼話も紹介されていて、何となく自分の辿った鬼夜行をみるようで、共感したのだが、すでに味わってはきたものなので、挿絵も気になる夢十夜を手に入れることとなり。

ついに、向き合うこととなり。

実家に帰っていたときに、父と母の眠る横で、なぜか、夢十夜を読みはじめた。

少し前に見て詩にもした百合の溺れるような夢を思い出しつつ読み進めた。

既に死んでいた女の夢をみる漱石が、時を超えて、たったいま、すぐそこの暗闇で眠ったまま語りかけているような気がして、初めて漱石がこわい。と思った。
[PR]
by akikonoda | 2007-05-18 10:39

かみつかみ



かみつかみ ひきちぎるよに めをむきて こらにつばはく ふどうのちちよ  
[PR]
by akikonoda | 2007-05-17 18:48

おきなわがあぶない


「あらゆる事態想定」海自艦派遣で防衛相 辺野古崎調査
2007年05月17日17時38分

 米軍普天間飛行場移設先の沖縄県名護市辺野古崎で始まった環境現況調査(事前調査)に関連して、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」が出港した問題について、久間防衛相は17日の参院外交防衛委員会で、派遣は反対派による阻止行動があっても調査できるようにする狙いであることを明らかにし、ぶんごが直接、現況調査にかかわる可能性も認めた。

 防衛施設庁が行っている普天間移設関連事業に自衛隊が関与するのは異例だ。普天間移設に絡んで、昨年9月には逮捕者も出ており、今回の動きも国が移設を強行しようとするものだとして、地元から反発が出ることが予想される。

 民主党の白真勲氏の質問に答えた。久間氏は、「かつての調査で混乱、妨害があった。あらゆる事態が想定されるから、万全の態勢をとっている」と述べ、派遣を公式に認めた。ぶんごが直接、現況調査にかかわる可能性については「ないとは言い切れない。委託している民間業者が調査できればいいが、拘束されるとか、調査ができないとかいうことになってはいけない。調査が可能な状態にどうやったら持っていけるか念頭に置いている」と語った。

 さらに、民間業者に代わってぶんごの隊員が調査を行うことについても、「否定するわけではない」と述べ、その可能性を示唆した。

 防衛省によると、海上自衛隊呉基地(広島県)所属の「ぶんご」は11日午前、沖縄近海に向けて海自横須賀基地(神奈川県)を出港した。複数の潜水士が乗船しているといい、防衛施設庁が民間業者に委託したサンゴの産卵調査機器の設置に協力するとみられる。

 普天間飛行場は元々、名護市辺野古沖に移す計画だった。だが、那覇防衛施設局が海底のボーリング調査を行おうとしたところ、反対派らがカヌーなどを繰り出し、海上での阻止行動を展開。事業は滞り、日米は05年10月に新たな移設先として辺野古崎を選んだ。

 昨年9月には、移設に先立つ文化財調査を巡って公務執行妨害容疑で平和団体の共同代表が逮捕された。移設を巡る初めての逮捕で、反対派は「今回は国に、強行しようという姿勢が目立つ」と受け止めている。

朝日〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://www.mypress.jp/v2_writers/wallaby97/story/?story_id=1608149

公務だと認められないようなことを阻止したことで逮捕することこそ、横暴きわまりない行為である。

調査というよりも、威嚇に近い行為と聞く。
問題にならないように、民間業者に委託し、何をするかわからないこわさで圧力をかけているとも聞く。

地元の人の痛みをすこしも感じていない横暴さを見せつけられると、くだらない戦争に手を貸し、参加したりすることのないように、その為の基地など必要ないということを、改めて思う。
[PR]
by akikonoda | 2007-05-17 18:28

おきなわのうみ



おきなわのうみにさんごがあるように ひともあるなり けちらすなかれ 
[PR]
by akikonoda | 2007-05-17 13:04

ほろほろと



ほろほろと よこむきかげがなくよふな よるべなきかな ちちはかえらじ  
[PR]
by akikonoda | 2007-05-16 20:45

まどのそと



まどのそと よごとのやみが てをくだす のっくのおとが きこえたよふな
[PR]
by akikonoda | 2007-05-16 20:39

どこへいく



どこへいく おもいみぎてを もてあまし せなをみせつつ まどのむこふへ 
[PR]
by akikonoda | 2007-05-16 20:37

かわいたゆめと



きがつけば ゆられゆられて ろばのせに かわいたゆめと ねむりねむりて   
[PR]
by akikonoda | 2007-05-16 20:32

ときには



ときにはははのないこのようにではなく いつもちちのないこのようだったか
[PR]
by akikonoda | 2007-05-15 18:15